17歳・久保建英のA代表初選出にバルサ贔屓紙も反応 「元ラ・マシアの若き名手が…」

FC東京の17歳MF久保建英【写真:Getty Images】
FC東京の17歳MF久保建英【写真:Getty Images】

バルサ下部組織出身の久保に言及「首位を走るFC東京で飛躍的な成長を遂げている」

 FC東京の17歳MF久保建英は、23日に発表された6月のキリンチャレンジカップ2019のメンバー27人に名を連ね、A代表に初招集された。バルセロナの下部組織出身者の一報に、バルサ贔屓のスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」も、「元ラ・マシアの若きクラックが日本代表のメンバーに入った」と伝えている。

 10歳でバルセロナの下部組織の入団テストに合格してスペインへ渡った久保は、2015年にFC東京の下部組織へ加入。17年にFC東京とプロ契約を結び、3年目の今季はリーグ戦11試合に出場して2得点と、開幕12戦無敗(9勝3分)のクラブ記録更新に大きく貢献している。

 U-20ワールドカップに出場するU-20日本代表のメンバー入りが見送られ、A代表へ初招集される形となったが、森保一監督は19歳GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)を含めて「年齢は関係ない」「彼らが勝ち獲ったもの」と記者会見で選出理由を語った。

 日本代表DF長友佑都も公式ツイッターで「17歳恐るべし」と綴っていたが、その注目度の高さは海の向こうでも変わらないようだ。バルサ贔屓で知られる地元紙「ムンド・デポルティーボ」も久保の初招集を報じている。

「元ラ・マシア(バルセロナの下部組織)の若きクラック(名手)が日本代表のメンバーに入った。タケはリーグ首位を走るFC東京で飛躍的な成長を遂げている。もしトリニダード・トバゴ戦(5日)かエルサルバドル戦(9日)で得点すれば、日本代表史上最年少スコアラーになるだろう」

 久保は6月シリーズでピッチに立てば、元日本代表DF市川大祐の持つ最年少記録(17歳322日)に次ぐ歴代2位の若さとなり、得点すればA代表における最年少ゴールとして名を刻むことになるが、記事でも得点記録について触れている。

 日本が誇る17歳の至宝は、初となるA代表の舞台でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】「DAZN」で日本代表戦が観られる!コパ・アメリカ2019全試合独占ライブ配信決定!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング