「美しくスピーディーな連携プレーを…」 日本戦控えるU-20エクアドル代表監督が警戒

U-20エクアドル代表のセリコ監督【写真:林遼平】
U-20エクアドル代表のセリコ監督【写真:林遼平】

U-20エクアドル代表のセリコ監督 「大陸を代表する立場で来ている」

 U-20エクアドル代表は、現地時間23日にU-20ワールドカップ(W杯)初戦で日本と激突する。試合会場のブィドゴシュチュ・スタジアムで行われた前日会見に出席したホルヘ・セリコ監督は「日本はコパ・アメリカに呼ばれるだろう3選手が不在だが、非常にリスペクトすべきチームだ」と警戒を示しつつ、「このW杯では国を代表するだけでなく、大陸を代表する立場で来ていることを忘れてはいけない」と必勝を誓った。

 2大会連続4度目の出場となるエクアドルは、2001年大会、2011年大会にベスト16に進出。17年の韓国大会ではグループステージ敗退に終わっている。しかし、今回の代表は一味違う。U-20南米選手権でブラジルやアルゼンチンといった強豪国を抑え、見事同大会での初優勝を達成。南米王者の肩書きとともに今大会に臨もうとしている。

 今回のメンバーには、すでにエクアドルのA代表デビューを果たし、今冬よりスペインのバジャドリードに移籍した大型FWスティーブン・プラサがメンバー入り。また欧州組ではスポルティングのFWゴンサロ・プラタやヴィレムⅡのDFディエゴ・パラシオス、レアル・ソシエダBのGKモイセス・ラミレスといった次世代の注目株たちも招集されている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング