「やっぱりお前がコパに来いと…」 影山監督、U-20W杯初戦を前に期待することは?

U-20日本代表の影山監督(右)【写真:林遼平】
U-20日本代表の影山監督(右)【写真:林遼平】

U-20日本代表は23日にU-20W杯初戦でエクアドルと対戦 監督は「非常に強い」と警戒

 U-20日本代表は、現地時間23日にU-20ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のエクアドル戦を迎える。試合会場となるポーランドのブィドゴシュチュ・スタジアムで行われた前日会見に出席した影山雅永監督は、「非常に強い相手。思い切って選手たちの力を出してあげたい」とエクアドル戦への意気込みを語りつつ、「この大会の活躍で『やっぱりお前がコパに来い』と言われるぐらいの選手が出てくるとますます嬉しい」と選手たちの成長に期待した。

 U-20日本代表は14日にポーランド入りし、翌日から現地合宿をスタート。主力だったMF久保建英(FC東京)やMF安部裕葵(鹿島アントラーズ)、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)が招集外となる苦しいチーム状況ではあるが、Jリーグで出場機会を増やすMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)やMF藤本寛也(東京ヴェルディ)らに加え、MF齊藤光毅(横浜FC)やMF西川潤(桐光学園高)といった下の世代が台頭。ハードワークを基盤に、気持ちを前面に出す“影山サッカー”で世界の舞台に挑む。

 16日に行われた大会前、最後の練習試合ではU-20コロンビア代表に1-2の逆転負けを喫したが、早い段階からトレーニングを重ねることで全員のコンディションは上向き。しっかりと準備を重ねて、初戦のエクアドル戦に挑もうとしている。

 影山監督は「非常に強い。彼らの個人としても、組織としても強みな部分を抑えてやっていかないといけない」と表現しつつ、エクアドル戦に向けた思いを語った。

「やはり個人としての高い能力を持っている選手、そしてそれをチームとして発揮することが強いからこそ南米のチャンピオンだと思っている。そういった部分を、どうやって止めるのかいまだにまだ考え続けているところです」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング