緊急来日のレアルFWヴィニシウスを直撃! “神童ドリブラー”が技術面で絶賛する名手は?

レアルFWヴィニシウス【写真:高橋学】
レアルFWヴィニシウス【写真:高橋学】

東京五輪を1年後に控えて18歳FWが初来日 自身のルーツは「なんでもできる場所」

 レアル・マドリードのU-23ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールは、東京五輪を1年後に控えたタイミングで初来日を果たした。2000年生まれの18歳FWは、“サッカー王国”ブラジルにおいて東京五輪世代を引っ張る存在として期待されるが、21日に都内で取材に応じ、来年に迫った五輪本大会への思い、自身のルーツ、目標とする選手などについて口を開いた。

 都内での複数イベントに出演するなど、多忙な初来日となっているヴィニシウス。それでもサインや写真を求められれば、気さくに応じる姿が印象的だった。その理由の一つとも言えるのが、空港やイベントで感じた“歓迎ムード”だという。18歳の神童は「レアル・マドリードのファン、それに自分のファンもいて、たくさんの方に迎えていただいた」と笑顔を見せ、来年に開催される東京五輪についても言及した。

「僕自身、オリンピックでプレーできることを非常に楽しみにしています。今回、こうして東京を事前に訪ねることができて、温かい歓迎を受けられたというのは、自分にとって非常にポジティブなことです。まずは代表にしっかり選んでもらえるように頑張りたいと思います」

 そう殊勝に話すヴィニシウスだが、レアル・マドリードで見せているドリブル突破は、すでにワールドクラスと言っていいだろう。「ドリブルは自分の武器」と自負を口にし、プレーするうえで意識していることを明かしてくれた。

「特に初速の部分、スタートダッシュが自分の場合は強みだと思っているので、そこでいかにDFを置き去りにするかを大事にしています。失敗しても、どんどんチャレンジを続けるようにしています」

 そのスタイルが育まれたのは、ストリートサッカーでの経験だ。4歳になる頃からストリートでボールを蹴り始め、そこからスクール通いをスタート。そしてフラメンゴの目に留まり、レアルまで鮮やかなステップアップを遂げた。

「ストリートサッカーはなんでもできる場所。フットサルとストリートサッカーで多くを学んで、今のスタイルになりました」とヴィニシウスは語る。世界トップレベルで見せている常識に囚われない自由な発想、イマジネーションの源泉はストリートサッカーにある――と思いきや、実はそうではないという。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング