浦和の“ACL男”長澤和輝が1得点1アシスト! 球際の戦いに「海外経験が生きている」

1ゴール1アシストの活躍を見せたMF長澤【写真:Getty Images】
1ゴール1アシストの活躍を見せたMF長澤【写真:Getty Images】

北京国安戦に前半13分から途中出場、デュエルで持ち味を発揮

 浦和レッズのMF長澤和輝は、21日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終節、ホームの北京国安(中国)戦に前半途中から出場して1ゴール1アシストの活躍を見せ、3-0の勝利に大きく貢献した。ブンデスリーガのケルンでプレーした経験を持つ長澤は、ACLの戦いで生きる部分があることを話している。

 長澤はこの試合、ベンチスタートだったがアクシデントにより登場が早まった。開始1分でMF柏木陽介が相手のタックルで負傷すると、足を引きずりながら10分近くプレーしたものの続行不可能に。前半13分に長澤がピッチに送り込まれた。

 すると長澤は、その輝きを前半のうちから見せる。同34分、中央から切り込むとFW武藤雄樹のパスを受けた長澤が相手DFを1人かわして右足シュート。これが相手GKの逆を突いてゴールに吸い込まれ、大きな先制ゴールをゲットした。さらに浦和は同41分、中盤の競り合いでブラジル代表MFレナト・アウグストを弾き飛ばした長澤が左サイドを一気に突破すると、中央に進出して武藤に丁寧なパス。これを武藤が右足で流し込み、2-0とリードを広げた。

 特に象徴的だったのは、アウグストを振り切った2点目の場面だろう。昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)にも出場したブラジル人MFに対して体を前にねじ込むと、そのまま前進した。長澤は「体が大きくて能力があると分かっていたけど、サッカーは大きさだけではない体の使い方で前に入れると優位に運べる。そこで自分の良さは出せた。そこから仕掛けることで選択肢ができてゴールにつながったので、有効なプレーになったと思う」と、真骨頂とも言えるプレーについて話した。

 長澤は、前回優勝した2017年のACLで脚光を浴びた。上海上港(中国)と対戦した準決勝でのプレーが出色のパフォーマンスで、それが当時の日本代表を率いていたバヒド・ハリルホジッチ監督の“デュエル”を求める部分にも合致して代表入りにつながった。Jリーグの試合では、その強い当たりがファウルとされる場面も見られるタイプだが、アジアの舞台ではその躍動感が色濃い。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング