バイエルン最強コンビが刻んだ美しき時代 7連覇の歓喜と涙に彩られた「夢のような終幕」

シャーレを掲げるロッベン(左)、ラフィーニャ(中央)、リベリー(右)【写真:Getty Images】
シャーレを掲げるロッベン(左)、ラフィーニャ(中央)、リベリー(右)【写真:Getty Images】

今季限りで退団のロッベン&リベリー、フランクフルトとの最終節で揃って惜別弾

「まるでハリウッド映画のエンディングのようだった」

 隣にいたドイツ人記者は、元オランダ代表MFアリエン・ロッベンと元フランス代表MFフランク・リベリーのラストマッチをそのように表していた。

 5月18日に本拠地アリアンツ・アレーナで行われたブンデスリーガ最終節フランクフルト戦。この試合を最後にバイエルン・ミュンヘンと別れを告げるラフィーニャ、ロッベン、リベリーの3人には試合前に記念品の贈呈が行われ、スタジアムからは大きな拍手と声援が送られた。ウォーミングアップ時に姿を現した時には大型スクリーンにこれまでの勇姿が映し出され、3人はそれぞれ足を止めて映像に見入っていた。自らのこれまでの軌跡に思いを巡らしていたのだろう。ロッベンは何度も拍手をファンに返し、リベリーはこぼれる涙をそっと拭っていた。

 3人の功労者。特にロッベンとリベリーの2人はそれぞれ10年、12年にわたってクラブの主力として活躍してきたレジェンドだ。2007年にマルセイユから移籍してきたリベリーと、09年にレアル・マドリードから移籍してきたロッベンは、類稀なスキルと相手が反応することもできないスピードで、当時のブンデスリーガに別次元のサッカーをもたらした。バイエルンだけではなく、ブンデスリーガのレベルを変えたと言える2人なのだ。そんな彼らも現在ロッベンが35歳、リベリーが36歳。次のステージへ向かう時期が来てしまった。

 最終節、バイエルンを率いるニコ・コバチ監督はベストメンバーをピッチに送った。ロッベンとリベリーの名前はスタメンにはない。相手はUEFAヨーロッパリーグ(EL)、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場の可能性を残すフランクフルトだ。そして自分たちも、優勝争いの真っ只中にいる。どちらも勝ち点が必要な大事な一戦だ。2人がスタメンから外れるのはしょうがないことだと、ファンも分かっている。それでも願った。偉大なる軌跡を歩んできた2人の最後の雄姿を見たいのだ、と。

 3-1とリードして迎えた後半16分、リベリーがまずピッチサイドに立った。スタジアム中のファンも続々と立ち上がり、拍手の渦が広がっていく。スタジアムDJの弾かれた声にみんなが声援で応えていく。そしてその6分後、今度はロッベンがピッチへ足を踏み入れた。同じようにスタンディングオベーションで、同じように大声援でファンは英雄を迎えた。


中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング