バイエルン最強コンビが刻んだ美しき時代 7連覇の歓喜と涙に彩られた「夢のような終幕」

シャーレを掲げるロッベン(左)、ラフィーニャ(中央)、リベリー(右)【写真:Getty Images】
シャーレを掲げるロッベン(左)、ラフィーニャ(中央)、リベリー(右)【写真:Getty Images】

今季限りで退団のロッベン&リベリー、フランクフルトとの最終節で揃って惜別弾

「まるでハリウッド映画のエンディングのようだった」

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 隣にいたドイツ人記者は、元オランダ代表MFアリエン・ロッベンと元フランス代表MFフランク・リベリーのラストマッチをそのように表していた。

 5月18日に本拠地アリアンツ・アレーナで行われたブンデスリーガ最終節フランクフルト戦。この試合を最後にバイエルン・ミュンヘンと別れを告げるラフィーニャ、ロッベン、リベリーの3人には試合前に記念品の贈呈が行われ、スタジアムからは大きな拍手と声援が送られた。ウォーミングアップ時に姿を現した時には大型スクリーンにこれまでの勇姿が映し出され、3人はそれぞれ足を止めて映像に見入っていた。自らのこれまでの軌跡に思いを巡らしていたのだろう。ロッベンは何度も拍手をファンに返し、リベリーはこぼれる涙をそっと拭っていた。

 3人の功労者。特にロッベンとリベリーの2人はそれぞれ10年、12年にわたってクラブの主力として活躍してきたレジェンドだ。2007年にマルセイユから移籍してきたリベリーと、09年にレアル・マドリードから移籍してきたロッベンは、類稀なスキルと相手が反応することもできないスピードで、当時のブンデスリーガに別次元のサッカーをもたらした。バイエルンだけではなく、ブンデスリーガのレベルを変えたと言える2人なのだ。そんな彼らも現在ロッベンが35歳、リベリーが36歳。次のステージへ向かう時期が来てしまった。

 最終節、バイエルンを率いるニコ・コバチ監督はベストメンバーをピッチに送った。ロッベンとリベリーの名前はスタメンにはない。相手はUEFAヨーロッパリーグ(EL)、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場の可能性を残すフランクフルトだ。そして自分たちも、優勝争いの真っ只中にいる。どちらも勝ち点が必要な大事な一戦だ。2人がスタメンから外れるのはしょうがないことだと、ファンも分かっている。それでも願った。偉大なる軌跡を歩んできた2人の最後の雄姿を見たいのだ、と。

 3-1とリードして迎えた後半16分、リベリーがまずピッチサイドに立った。スタジアム中のファンも続々と立ち上がり、拍手の渦が広がっていく。スタジアムDJの弾かれた声にみんなが声援で応えていく。そしてその6分後、今度はロッベンがピッチへ足を踏み入れた。同じようにスタンディングオベーションで、同じように大声援でファンは英雄を迎えた。


中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」