「なんか羨ましい」 フランス3年目の酒井宏樹が見たトゥールーズDF昌子源の“現在地”

酒井は2012年に柏レイソルから初めて海を渡った自身と昌子を照らし合わせ語ってくれた【写真:小川由紀子】
酒井は2012年に柏レイソルから初めて海を渡った自身と昌子を照らし合わせ語ってくれた【写真:小川由紀子】

5-2でトゥールーズに勝利したなか、酒井は昌子の「信頼されている証拠」について言及

 フランス1部リーグ・アン第37節のトゥールーズ対マルセイユは、日本代表DF昌子源と日本代表DF酒井宏樹の“日本人対決”となった。結果は酒井擁するマルセイユが5-2で勝利したが、フランスリーグ3年目の酒井は、海外初挑戦となった昌子に対して「信頼されている証拠」と独自の視点で“立ち位置”を語った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ホームのトゥールーズは、前半26分にFWアーロン・レヤ・イセカのゴールで先制したが、その3分後にマルセイユが同点に追いつき、怒涛の攻撃を見せる。後半5分にはFWルーカス・オカンポスのパスから酒井が左足を振り抜いてリーグ・アン初ゴールで勝ち越し。2-2で迎えた同31分には、右サイドを抜け出した酒井のクロスをカメルーン代表FWクリントン・エンジェが押し込んで3点目を挙げると、試合終了間際にはフランス代表FWフロリアン・トヴァンが立て続けにゴールを決めて5-2で勝利した。

 大敗を喫した昌子は試合後に「(マルセイユとの)差を感じた」と口にしたが、フランスリーグの“先輩”である酒井は昌子にとって貴重な経験だと説いた。

「麻也くん(吉田麻也/サウサンプトン)も、昔(オランダのVVV)フェンロでプレーしていましたが、守ることが多いチームというのは、のちに良いチームに行った時に、良い経験になると思います。僕のハノーファー時代(2012~16年)もそうでした」

 同じリーグということも手伝って、酒井は日頃から昌子の試合をよく見ているという。

「結構見るんですよ、トゥールーズの試合。源が出ているので。いつも落ち着いていますし、(トゥールーズでも)W杯でも一緒にやっていた、いつものアイツが出ていると思います。(今日の試合でも)いつも通り、ビビることも、迷っている感じもなかった。ボールもすごく集まってきてましたし、信頼されている証拠だと思います」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」