ドイツ×アルジェリア戦・徹底解析  試合巧者のドイツが仕掛けた“ズレ”を生むポジションチェンジ

 それでも相手のペースが下がり、少しずつプレッシャーのスピードとパワーに慣れてきたドイツは、30分過ぎから徐々にリズムを取り戻し、パスを回せるようにはなった。とはいえ、一つのプレーで崩せるほど軟な守りをしていない。そんなアルジェリアに対し、ドイツが選んだのは真っ向からぶつかって活路を切り開くのではなく、攻撃陣のポジションチェンジで相手守備に“ズレ”を生じさせることだった。

 

トレンド

ランキング