「誤審は誤審」 湘南MF梅崎司が“改善要求”「美談にだけにして終わらせて欲しくない」

湘南ベルマーレMF梅崎【写真:Getty Images】
湘南ベルマーレMF梅崎【写真:Getty Images】

古巣戦の逆転劇に梅崎が吐露 「奇跡に感情を爆発させてしまって申し訳ありませんでした」

 湘南ベルマーレは17日のJ1リーグ第12節で浦和レッズと対戦し、0-2と劣勢の状況から大逆転で3-2勝利を収めた。前半に湘南MF杉岡大暉の一撃がノーゴール判定となる誤審に見舞われたなか、フル出場した同僚MF梅崎司が自身の公式ツイッターで「美談にだけにして終わらせて欲しくない」と切実な思いを明かしている。

 浦和の2点リードで迎えた前半31分に問題の場面が起きた。湘南MF杉岡がシュートを放ち、ボールは右ゴールポストを叩いて左サイドネットを揺らした。浦和GK西川周作は失点に肩を落とし、味方のキックオフを促すように前方へボールを投げた。

 ところがその直後、山本雄大主審はゴールが入っていないと誤認し、選手たちにプレー続行を指示。浦和がその流れから高速カウンターで湘南ゴールに迫り、この日1ゴールのFWアンドリュー・ナバウトが湘南GK秋元陽太と1対1の場面を迎えた。これはゴールにならなかったものの、ナバウトはGKとの接触で負傷交代した。

 湘南側の猛抗議も実らずノーゴール判定となったが、後半に入ると反撃。同2分、同34分とMF菊地俊介が連続ゴールを決めて追いつくと、アディショナルタイム4分にDF山根視来が値千金の決勝ゴールを決めて逆転勝利を収めた。

 湘南の選手やスタッフ、サポーターが歓喜に沸いた一方、この日フル出場した梅崎は試合後に公式ツイッターを更新。

「そして埼スタでレッズ相手で特別な感情はもちろんある中、この奇跡に感情を爆発させてしまって申し訳ありませんでした。涙が溢れ出た。本当に嬉しかった」と率直な思いを綴った梅崎。「宇賀(宇賀神)や(柏木)陽介とバチバチやれたのも凄い楽しかった」と試合を振り返っている。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング