大迫勇也は“ボールを失わない” ブレーメンで築き上げた信頼「一番に僕を見てくれた」

約5カ月ぶりのフル出場、最終節で逆転でのEL出場権獲得を狙う

 貢献度が高いのは攻撃面だけではない。後半は来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて勝たなければならないホッフェンハイムが、攻撃的な選手を次々と投入し、ブレーメンは徐々に押し込まれていってしまう。ボールを奪っても素早く前線からプレスをかけてくる相手をいなすことができず、大迫も守備に奔走するようになる。それでも足を止めることなく必死に相手へ食らいついていく。最後のところで、相手のシュートを体を張って跳ね返すシーンもあった。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 終盤は動きも鈍ってくる。4月に負傷から復帰を果たしたばかりのコンディションは、まだまだ完調とは言えない状態だ。大迫も「疲れは少なからずある。復帰したばかりですし」と認めていたし、フロリアン・コーフェルト監督も「本当は60分には交代させようかともプランしていた」と明かしていた。

 それでも指揮官は、大迫をピッチに残した。後半27分、同45分にはカウンターから長い距離を走りシュートまで持ち込んだ。「欲を言えば僕自身、点を取りたかったですけど、最後ちょっとパワーが足らなかった」と振り返るように、シュートが枠を捉えることはできなかったものの、チームのために攻守に奮闘し、実に第13節バイエルン戦(1-2)以来となる約5カ月ぶりのフル出場を果たした。

 DFBポカール決勝に首位バイエルン・ミュンヘンと3位RBライプツィヒが勝ち上がっているため、7位まで来季のEL出場権が与えられる。9位ブレーメンも可能性を残したものの、最終節ではホームでライプツィヒに勝利し、勝ち点「2」差の7位ヴォルフスブルクと勝ち点「1」差の8位ホッフェンハイムが、それぞれアウクスブルクとマインツに引き分け以下という結果にならなければ、来季ヨーロッパへの扉は開かれないのだ。厳しい状況なのは間違いないが、大迫は力強く語った

「ヨーロッパリーグというより、勝つことだけしか可能性はない。勝つこと、それだけです。頑張ります」

 余計な計算はいらない。目の前にある試合に集中して臨み、チーム一丸で今季最終戦を勝利で飾る。幸運が微笑んでくれることを祈って戦いきるのみだ。


page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング