大迫勇也は“ボールを失わない” ブレーメンで築き上げた信頼「一番に僕を見てくれた」

約5カ月ぶりのフル出場を果たしたブレーメンFW大迫勇也【写真:Getty Images】
約5カ月ぶりのフル出場を果たしたブレーメンFW大迫勇也【写真:Getty Images】

ホッフェンハイム戦でポスト役として機能 「すごくやりやすかった」

 攻撃的な選手であれば「上手くスペースでフリーになれたけど、ボールが出てこなかった」という感想を試合後に持つことがよくある。受け手として上手く相手選手の死角に入りこんだものの、出し手がそこへの注意を払っていなかったり、そもそもパスを出せる状況じゃないことも多々ある。何度もそうしたシーンが続くとパスが出てこない選手が苛立つジェスチャーを味方に送ったりする。サッカーの試合ではよくあることだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 それがブレーメンでは大迫勇也がスッとフリーになると、とてもスムーズにパスが出てくることが多い。

「一番最初チームが僕のことを見てくれたので、自分としてもすごくやりやすかったし、いつものペースでできましたね」

 大迫は1-0で勝利した、11日のブンデスリーガ第33節ホッフェンハイム戦後にそう振り返った。この日はキャプテンでエースのマックス・クルーゼが欠場。攻撃力の低下が危ぶまれ、実際に普段よりはチームとしての効果的な攻撃が少なかったかもしれない。それでも大迫を起点にチャンスを作り出し、来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場の可能性を残すためにも勝ち点3が必須だった試合を見事にものにした。

 特に前半は、相手のオーストリア代表MFフロリアン・グリリッチュの激しいプレスをものともせずにボールを落ち着け、攻撃のリズムを作っていくシーンが目立った。パスが出てくるということは、受け手と出し手が共有しているイメージが一致しているということだ。ボールが大迫に入ると、周りの選手はすぐに動き出す。預ければボールを失わない。そして走れば、そこにパスが出てくるという信頼がある。

 1-0で迎えた前半43分には、上手くペナルティーエリア内に走りこんでパスを受けた大迫が、追いすがるグリリッチュを巧みなスクリーンでかわすと、タイミング良くスペースに顔を出したマキシミリアン・エッゲシュタインに柔らかいタッチでスルーパスを通し、そこから待望の追加点が生まれたかと思われた。残念ながらビデオ判定の結果、少し前のプレーでヨハネス・エッゲシュタインに空中戦での競り合いでファウルがあったとして取り消されてしまったが、相手の守備を無力化する見事な攻撃だった。


page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」