大迫勇也は“ボールを失わない” ブレーメンで築き上げた信頼「一番に僕を見てくれた」

約5カ月ぶりのフル出場を果たしたブレーメンFW大迫勇也【写真:Getty Images】
約5カ月ぶりのフル出場を果たしたブレーメンFW大迫勇也【写真:Getty Images】

ホッフェンハイム戦でポスト役として機能 「すごくやりやすかった」

 攻撃的な選手であれば「上手くスペースでフリーになれたけど、ボールが出てこなかった」という感想を試合後に持つことがよくある。受け手として上手く相手選手の死角に入りこんだものの、出し手がそこへの注意を払っていなかったり、そもそもパスを出せる状況じゃないことも多々ある。何度もそうしたシーンが続くとパスが出てこない選手が苛立つジェスチャーを味方に送ったりする。サッカーの試合ではよくあることだ。

 それがブレーメンでは大迫勇也がスッとフリーになると、とてもスムーズにパスが出てくることが多い。

「一番最初チームが僕のことを見てくれたので、自分としてもすごくやりやすかったし、いつものペースでできましたね」

 大迫は1-0で勝利した、11日のブンデスリーガ第33節ホッフェンハイム戦後にそう振り返った。この日はキャプテンでエースのマックス・クルーゼが欠場。攻撃力の低下が危ぶまれ、実際に普段よりはチームとしての効果的な攻撃が少なかったかもしれない。それでも大迫を起点にチャンスを作り出し、来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場の可能性を残すためにも勝ち点3が必須だった試合を見事にものにした。

 特に前半は、相手のオーストリア代表MFフロリアン・グリリッチュの激しいプレスをものともせずにボールを落ち着け、攻撃のリズムを作っていくシーンが目立った。パスが出てくるということは、受け手と出し手が共有しているイメージが一致しているということだ。ボールが大迫に入ると、周りの選手はすぐに動き出す。預ければボールを失わない。そして走れば、そこにパスが出てくるという信頼がある。

 1-0で迎えた前半43分には、上手くペナルティーエリア内に走りこんでパスを受けた大迫が、追いすがるグリリッチュを巧みなスクリーンでかわすと、タイミング良くスペースに顔を出したマキシミリアン・エッゲシュタインに柔らかいタッチでスルーパスを通し、そこから待望の追加点が生まれたかと思われた。残念ながらビデオ判定の結果、少し前のプレーでヨハネス・エッゲシュタインに空中戦での競り合いでファウルがあったとして取り消されてしまったが、相手の守備を無力化する見事な攻撃だった。


page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング