天才マルセロが31歳の誕生日 圧巻の“吸盤トラップ”に再脚光「コントロールの達人」

レアルDFマルセロ【写真:Getty Images】
レアルDFマルセロ【写真:Getty Images】

12日に31歳の誕生日 リーガ公式もブラジル人SBを祝福「偉大なエンターテイナーの1人」

 レアル・マドリードのブラジル代表DFマルセロが12日、31歳の誕生日を迎えた。2007年に母国のフルミネンセからスペインの名門レアルに移籍して13年目、天才レフティーのアニバーサリーを祝してリーガ・エスパニョーラ公式ツイッター英語版が「偉大なエンターテイナーの1人」と称すと、「コントロールの達人」など賛辞の言葉が相次いでいる。

 07年にフルミネンセからレアルへ欧州移籍を果たしたマルセロ。瞬く間にレギュラーの座を射止め、“白い巨人”ではリーグ優勝4回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝4回、FIFAクラブワールドカップ制覇4回など、数々のタイトルを手にして攻撃的SBとしての名声を高めてきた。

 12日に31歳の誕生日を迎えたリーガを代表する顔の1人に対し、リーグ公式ツイッターは敬意を表すように厳選したスーパープレー集を公開した。

「フットボーラーの偉大なエンターテイナーの1人を祝う。31歳の誕生日おめでとう、マルセロ!」

 映像では、タッチラインを割りそうなサイドチェンジを空中でジャンプしながら左足つま先でコントロールして、ピッチ内にキープする圧巻トラップに始まり、相手のプレッシャーを受けた球際で左足でボールを引くと同時に、右足かかとで縦にパスを出すバックヒールも収録。さらに、味方からのパスをリフティングで浮かせて相手をかわし、左足甲に吸い付くようなトラップで逆側にボールを移動させ、反転してドリブルを仕掛けるなど、変幻自在のボールコントロールが際立つラインナップになっている。

 コメント欄には「コントロールの達人」「彼のパスとボールコントロールは誰にも劣らない」「最高のレフトバック」など、希代のテクニシャンに対する称賛の言葉が寄せられた。

 今季は下部組織出身のスペイン人DFセルヒオ・レギロンに一度はポジションを奪われたが、ジネディーヌ・ジダン監督の再登板とともにレギュラーに復帰。まだ31歳、若手の挑戦をどう跳ねのけていくか、先輩の意地は見ものだろう。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング