リバプール、CLに続く“奇跡”へ ファン・ダイク「僕らはあきらめず信じ続ける」

リバプールDFファン・ダイク【写真:Getty Images】
リバプールDFファン・ダイク【写真:Getty Images】

マンCとの熾烈なプレミア優勝争い 最終節の“他力”に懸け勝ち点「1」差の逆転なるか

 奇跡はヨーロッパ戦線だけでなく、プレミアリーグでも起きるはず――世紀の逆転劇を演じたリバプールのムードは最高潮だ。現地時間12日に行われるリーグ最終節は“他力”による逆転優勝を願う立場だが、ワールドクラスのセンターバックに成長したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクは、「僕らは決してあきらめず続けて、信じ続けてきた」と再びの奇跡に向けてモチベーションは高いと、英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 今季のプレミアは、マンチェスター・シティとリバプールの史上空前とも言えるハイレベルな優勝争いが繰り広げられてきた。残り1試合の時点で首位シティが勝ち点95、リバプールが同94と、「優勝できなかったチームとしての史上最高勝ち点」が確定した状況にある。リバプールはアンフィールドでウォルバーハンプトンに勝利したうえで、シティがアウェーでブライトン相手に勝ち点3を取りこぼさないと、1992年のプレミア創設以降で初の優勝は巡ってこない立場だ。

 ファン・ダイクは「僕らにできる唯一のことは、ウルブズを打ちのめすことに集中すること。それもとても大事な仕事だからね」と目の前の試合にフォーカスするとしつつ、チームに流れる“ネバーギブアップ精神”をこう表現する。

「僕らは決してあきらめず、続けていこうと今シーズン通じて常に示してきたんだ。正しい形を示して、信じ続ける。時に人は運を得ることがあるけど、正しいことをやり続けないといけない。今週は僕らにとって、チャンピオンズリーグで素晴らしい1週間となった。そして僕らは日曜日、どんな展開になるか注目しないとね」

 守備の要は、ユルゲン・クロップ監督の下で積み上げてきたチーム力に自信を持っているようだ。あきらめないで栄光をつかむ――ファン・ダイクの語る通り、今のリバプールには、それを可能にするムードが確実にある。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング