“10番”阪口夢穂、今季公式戦ゼロで挑むW杯への悲壮決意 「自分のすべてを懸けて臨む」

フランス女子ワールドカップのメンバーに選出されたMF阪口(中央)【写真:Getty Images】
フランス女子ワールドカップのメンバーに選出されたMF阪口(中央)【写真:Getty Images】

2018年に負った大怪我を乗り越え、自身4度目のW杯へ「いろいろ思うところはある」

「少し怪我で抜けていますけど、10番は基本的には空けて待っている状況」

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2018年最後の実戦となった国際親善試合ノルウェー戦(11月11日/4-1)のなでしこジャパン(日本女子代表)メンバー発表会見で、高倉麻子監督は背番号10が空いている理由を“阪口待ち”だと説明していた。そして、10日に発表されたフランス女子ワールドカップ(W杯)のメンバー23名の中に、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)の名前はしっかりと刻まれていた。2011年の世界一を知り、自身4度目のW杯に挑むベテランボランチは、大怪我を乗り越えての選出に「自分の持っているすべてを懸けて臨む覚悟」と決意を語った。

 8大会連続8回目のW杯出場となるなでしこジャパンは、10日に本大会の登録メンバー23人を発表。主将のDF熊谷紗希(リヨン)、DF鮫島彩(INAC)、FW岩渕真奈(INAC)ら2011年ドイツ大会の優勝と15年カナダ大会準優勝メンバーらが順当に選ばれた一方、33歳のMF川澄奈穂美(スカイ・ブルーFC)、MF猶本光(フライブルク)、FW田中美南(ベレーザ)らは落選となった。高倉監督はなでしこリーグ3年連続得点王の選外とともに、怪我で実戦から遠ざかっている阪口を選出する決断を下した。

 阪口は世界一を経験したメンバーで、実力的には日本女子サッカー界で依然としてトップクラスの選手だ。しかし、2018年4月、女子アジアカップで優勝を決めた後のリーグ戦で右膝前十字靭帯と内側半月板を損傷し、長期離脱を余儀なくされた。今年の元日に行われた皇后杯決勝の終了間際にピッチにこそ立ったが、ベレーザでは今季も別メニュー調整が続き、公式戦にはベンチ入りもしていないなかでの選出に、阪口は思いを口にする。

「試合に出ていないにもかかわらず選出して頂いて、いろいろ思うところはあります。もちろん、皆さんもいろいろ思うことがあるかもしれません。本来ならば、ベレーザでの試合に復帰して代表に行くのが正しいかもしれませんが、チームで復帰することよりも、ワールドカップのためにコンディションを調整させていただいているチームに感謝しています」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」