なでしこW杯メンバー23人決定 指揮官が説明…選考基準は「4つの条件」と「修正力」

なでしこジャパンを率いる高倉監督【写真:Getty Images】
なでしこジャパンを率いる高倉監督【写真:Getty Images】

6月のW杯に向けたメンバーを発表、「総勢63名」を呼んで探ったチームの可能性

 なでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督は、10日に行われた記者会見で6月に開幕するフランス女子ワールドカップ(W杯)に臨む23人の選手を発表した。そのなかでは、選考基準として「4つの条件」に加えて、「足りなかったものへの修正力」というポイントを語った。

 高倉監督は、佐々木則夫前監督の体制で2016年のリオデジャネイロ五輪へのアジア予選で敗れ、出場権を失った後に就任した。2011年に女子W杯ドイツ大会で初優勝を成し遂げたメンバーの多くが残った15年の女子W杯カナダ大会を経て、そのリオ予選も大きくは選手に変更がなかった。それを受けているだけに、世代交代も一つのテーマに上がりながら多くの選手に門を開いた代表チームとして活動してきた。

 それは、高倉監督が「総勢63名、(なでしこ)チャレンジを入れると90名ほどの選手を呼び様々なチームの可能性を探った」という言葉にも表れている。メンバー入りしたDF南萌華やFW遠藤純のように、昨年のU-20女子W杯で優勝を経験した世代の選手たちも含まれるし、DF鮫島彩やDF宇津木瑠美、MF阪口夢穂といった11年の優勝を知るメンバーもいる。若手にチャンスを与えたのは事実だが、決してベテラン勢を排除したわけではない。

 その選考基準を高倉監督はこう語っている。

「様々な選手を試合でも力が足りなくても積極的に使ったなかで、壁にぶつかったが、選手が工夫して努力をして、次に会った時に修正してきた選手が残った。その跳ね返りの強さはいつも見てきた。就任した時に話した代表選手に求める4つの条件、テクニックがあって賢い、走れる、代表への思いとチームのために戦えるという要素を見てきた。平均的にレベルの高いことに加え、何か一つでも強いものを持っていることが選考のキーになった」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」