世界に散らばる「○○のメッシ24人」を英紙特集 久保建英、チャナティップらに脚光

(左から)サルダル・アズムン、モハメド・サラー、久保建英、チャナティップ、イ・スンウ【写真:Getty Images】
(左から)サルダル・アズムン、モハメド・サラー、久保建英、チャナティップ、イ・スンウ【写真:Getty Images】

17歳の久保も堂々選出 「その呼び名の期待に答える最大のチャンスを持っている」

 世界各国の将来有望なタレントの中でも、特に小柄で足もとの技術に長けた選手の多くはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシになぞらえて「○○のメッシ」と形容されることが、もはやお決まりとなってきた。英紙「ザ・サン」では、世界中に散らばる「ネクスト・メッシ」に注目した記事を公開。JリーグでプレーするMF久保建英(FC東京)やタイ代表MFチャナティップ・ソングラシン(北海道コンサドーレ札幌)もピックアップされている。

 “ジャパニーズ・メッシ”として特集記事に名を連ねた久保は、数多くいるメッシの後継者の中でも「まだ17歳だが、その呼び名の期待に答える最大のチャンスを持っている」と称されている。メッシと同じバルサのカンテラで育ち、18歳でスペイン復帰が内定しているとも言われる経歴がそう言わしめる根拠となっている。「彼はJリーグ最年少スコアラー(15歳10カ月11日)で、FC東京ではすでにレギュラーだ」と現在の活躍についても伝えられている。

 Jリーグからは、札幌でプレーするタイ代表MFチャナティップの名も登場する。「ソングラシンは“メッシ・ジェイ”、あるいは“ジェイ”として知られているが、実は彼がインスピレーションを受けたのは別のアルゼンチン人レジェンドだ。彼の父親はディエゴ・マラドーナのコピーをしようとトレーニングをしていた」と、実は“タイのメッシ”ではなく、“タイのマラドーナ”を目指していたというエピソードが紹介されている。

 久保と同じくバルセロナの下部組織出身者である韓国代表FWイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)や、今年1月のアジアカップ準決勝・日本戦で乱闘騒ぎを引き起こしたイラン代表FWサルダル・アズムン(ゼニト)など、アジア圏にも多くの“メッシ”が存在している。

 “エジプトのメッシ”とも呼ばれたFWモハメド・サラー(リバプール)や“スイスのメッシ”MFジェルダン・シャキリ(リバプール)のように、もはやその当人が第一人者となっている例もあるが、メッシとの比較はそれだけで重圧としてのしかかる場合も多い。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング