久保、安部らの不在を埋めるのは? U-20日本代表、“ニューヒーロー”登場にかかる期待

久保建英や安部裕葵は今回招集外となった【写真:Getty Images & 荒川祐史】
久保建英や安部裕葵は今回招集外となった【写真:Getty Images & 荒川祐史】

攻撃の主軸2人に加え、橋岡や大迫ら世代をけん引してきた選手たちも選外に

 日本サッカー協会(JFA)は7日、23日に開幕するU-20ワールドカップ(W杯)に向けたU-20日本代表メンバーを発表した。毎回、候補選手にとっては明暗が分かれるメンバー発表だが、今回は6月のコパ・アメリカに参戦するA代表へ招集される公算の高い久保建英(FC東京)や安部裕葵(鹿島アントラーズ)が招集外となるという、これまでとは多少雰囲気の違ったメンバー選考となった。

「最終予選(U-19アジア選手権)をともに約1カ月間戦い、チーム力や成熟度はだいぶ上がったと思います。ただ、そこにいる選手すべてが(U-20W杯に)行けるわけではないと話していた。彼らに切符が用意されていたわけではないというのが一つです」

 チームを率いる影山雅永監督は、最終予選まで主力を担っていた久保や安部の不在に対してこのように述べている。もちろん監督側からすれば、いつだってベストメンバーで戦いたいのは間違いない。今回は怪我で呼べない選手もいるのだから、使える選手は使いたいという心理は誰にでも理解できる。

 とはいえ、A代表に引き上げるという意味ならば、彼らがそれだけのパフォーマンスを残してきていることに疑問の余地はなく、そこに入っていくというのは喜ぶべき事実だ。A代表の舞台での経験がさらなる成長を助長させる可能性もあるのだから、「あっちだったら」「こっちだったら」という押し問答に意味はないだろう。

 ただ、問題はその先にある。今回、久保と安部だけでなく、DF橋岡大樹(浦和レッズ)、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、GK谷晃生(ガンバ大阪)も招集外となった。この世代をけん引してきた選手たちが“本番”のU-20W杯で選外となったことで、時間のないなかで攻守にチームの立て直しをしなければならない状況に追い込まれてしまったのだ。

 特に攻撃面の修正は急務である。これまでの試合を見ても久保と安部が起点となり、チャンスを創出する場面は何度もあった。彼らの不在が確定した今、チームの形を新たに組み立てる必要があり、そのうえで2人が見せていたような個での違いを生み出すニューヒーローの出現が求められている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング