「最も美しい物語の主人公」 “中村俊輔伝説”を海外メディア特集「愛さずにはいられない」

セルティック時代のMF中村俊輔【写真:Getty Images】
セルティック時代のMF中村俊輔【写真:Getty Images】

欧州で成し遂げた功績に脚光 「最もロマンチックなページを書き込んだ」

 ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔はスコットランド強豪セルティックのレジェンドとして世界で知られているが、イタリアのサッカー専門メディア「ヌメロ・ディエス」は「中村俊輔伝説」と特集を組み、「最も美しい物語の主人公」「“ナカ”という不朽の名作」「最もロマンチックなページを書き込んだ」と中村のキャリアに惜しみない賛辞を送っている。

 中村は2005年にレッジーナからセルティックに移籍。リーグ優勝3回、リーグカップ優勝2回、スコティッシュカップ優勝を1回達成し、2006-07シーズンにはリーグ年間MVPに年間ベストイレブン、年間ベストゴール賞を受賞し、文字通りクラブのレジェンドとして確固たる地位を築き上げた。

 セルティックで数々の印象的な活躍を見せてきた中村だが、そのなかでも最も強烈なインパクトを残したのが、直接FKによるゴールだ。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で、マンチェスター・ユナイテッドを相手に2試合連続で決めたFK弾は現在でも語り継がれている。

 記事では、今年で41歳となる中村にスポットライトを当てており、中村が出身地の横浜からレッジーナへ欧州初挑戦を迎えた際、その移動距離を「夢までの1万km」と表現し、飛行機で16時間かかる遠方の地で中村の冒険が始まったことを紹介している。イタリアでの活躍が認められると、「アトレチコ・マドリードやドルトムント移籍の噂が出るなか、侍は新天地にスコットランドを選んだ」とセルティック移籍を決断したことに触れ、「結果的に彼のキャリアで最高の時間を過ごす場所となった」と綴っている。

 瞬く間にセルティックのスターへと飛躍した中村について、「彼の備えるテクニックと創造性により、日本サッカー界で最も美しい物語の主人公となった」と指摘し、「2007年にはバロンドールの候補リストにまで入った」とその活躍ぶりを振り返っている。その後、スペインでの挑戦は実力を出し切ることなく終焉を迎えたが、「スコットランドは“ナカ”という不朽の名作を生み出した」とその功績を絶賛していた。

 キャリアの晩年を迎えている中村だが、記事では、いまだ現役生活を続ける意志を抱いていることを伝えており、「90年代から2000年代初頭にかけ、フットボールの歴史で最もロマンチックなページを書き込んだ」とサッカー選手として歩んできた道のりを称賛。締め括りには「このような選手を愛さずにはいられない」とエールを送っていた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング