メッシ、リバプールMFの顔面に左パンチ!? 決定的瞬間に物議「K.O.」「何が起きた?」

バルセロナFWメッシ(左)【写真:AP】
バルセロナFWメッシ(左)【写真:AP】

リバプールのブラジル代表MFファビーニョと接触した際に左拳が相手の顔を直撃

 バルセロナ(スペイン)は現地時間1日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦でリバプール(イングランド)に3-0と勝利した。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは2ゴールと大車輪の働きを見せた一方、試合中に相手MFの顔面にパンチする形となった瞬間が拡散して物議を醸している。

 試合はバルセロナが終始ペースを握った。前半26分、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのゴールで先制。後半30分にはスアレスのシュートがバーに跳ね返ったところをメッシが押し込んで2-0とリードを広げた。続く同37分、相手ゴールまで約25メートルの位置からメッシが絶妙なFKを叩き込んだ。

 バルセロナ通算600ゴールを達成し、チームを勝利に導いたメッシだが、ある場面に注目が集まっている。

 バルセロナが2-0とリードして迎えた後半36分、敵陣中央でパスを受けたメッシがドリブルで持ち上がり、リバプールのブラジル代表MFファビーニョと対峙。メッシはスアレスにパスを出すと同時に前方へダッシュしたが、直後に両者が衝突した。次の瞬間、メッシの左拳がファビーニョの顔面を直撃。強打されて痛がっていたファビーニョだが、最終的にメッシへのファウルを取られてイエローカードを提示されている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング