“日本人トリオ”ホットライン開通! シント=トロイデンMF関根貴大が欧州初ゴール

シント=トロイデン移籍後初ゴールを決めたMF関根(左)【写真:STVV】
シント=トロイデン移籍後初ゴールを決めたMF関根(左)【写真:STVV】

1-2で迎えた後半アディショナルタイム、カットインから左足で同点弾を叩き込む

 ベルギー1部シント=トロイデンのMF関根貴大が、現地時間28日に行われたプレーオフ2第6節のベールスホット戦で欧州移籍後初ゴールを奪った。日本代表DF冨安健洋、同FW鎌田大地との3人の連携から鮮やかな左足シュートをファーポストへ突き刺した。

 1-2と1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイム、シント=トロイデンは右サイドから“日本人トリオ”で相手守備陣を切り裂いた。

 右サイドのタッチライン際で冨安からパスを受けた関根は、自信の背後を駆け上がる冨安をおとりにして中へカットイン。ペナルティーエリア内にいた鎌田とワンツーを決めてゴールに迫ると、GKが全く動けない鋭いシュートを左足で突き刺した。

 昨夏にシント=トロイデンに加入した関根はこれが移籍後初ゴール。2017年に浦和レッズから移籍したドイツ2部インゴルシュタットではゴールのなかった関根にとっては、記念すべき欧州での初得点にもなった。

 この試合にはDF遠藤航も先発出場しており、日本人選手4人が同時にピッチ立っていた。そのなかで冨安、鎌田、関根によるホットラインが開通し、チームを敗戦の危機から救った。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング