闘将コンテ、マンU新監督の座を密かに狙う? スールシャールの“解任待ち”と英報道

(左から)コンテ氏、マンチェスター・ユナイテッドのスールシャール監督【写真:Getty Images】
(左から)コンテ氏、マンチェスター・ユナイテッドのスールシャール監督【写真:Getty Images】

ローマの来季監督就任が有力視されるも、正式決定の一報は届かず

 チェルシー前監督のアントニオ・コンテ氏は母国の強豪ローマからの関心が報じられているなかで、決断を遅らせている理由があるという。英紙「デイリー・エクスプレス」によれば、イタリア人指揮官はオレ・グンナー・スールシャール監督に逆風が吹くマンチェスター・ユナイテッドの監督の座を狙っていると報じた。

 コンテ氏は昨夏にチェルシーを解任され、現在はフリーの身として過ごしている。新天地がどこになるのか注目されるなかで、クラウディオ・ラニエリ監督が率いるローマが来季の新監督として招聘すると報じられている。クラブ幹部のフランチェスコ・トッティ氏も、接触したことを認める発言をしていた。

 とはいえ、いまだに正式決定の一報は届いていない。「デイリー・エクスプレス」紙は、コンテ氏はあえて決断を遅らせていると指摘する。そして、それにはユナイテッドが関係しているのだという。

 ユナイテッドは今年3月に、それまで暫定指揮官の立場だったスールシャール監督を正式監督として迎えたばかり。しかし、直近の公式戦10試合で2勝1分7敗と不振を極めているため、早くもノルウェー人指揮官に対する逆風が吹いている。その状況で、コンテ氏は密かにユナイテッドの監督就任のチャンスを窺っているのだという。

 コンテ氏は昨年12月に、ユナイテッドがジョゼ・モウリーニョ氏を解任した時にも後任候補として名前が挙がっていた人物。スールシャール監督の立場が揺らげば、再びその存在が浮上してくる可能性はありそうだ。

 母国への復帰か、それともユナイテッド監督としてプレミア再挑戦か――。イタリアが誇る闘将の去就に注目が集まっている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング