Jリーグ平成最後の珍事? 名古屋×広島、豊田スタジアム“入場者4万人ジャスト”が話題

豊田スタジアム【写真:Getty Images】
豊田スタジアム【写真:Getty Images】

平成最後のJリーグで観客数4万人ジャスト…「ぴったし」「凄い」とファン反響

 28日に各地でJリーグの試合が行われたなか、J1第9節名古屋グランパス対サンフレッチェ広島(1-0)の試合で豊田スタジアムの入場者が4万人ジャストを記録。平成最後のJリーグにおいて、入場者の下4桁がゼロで揃う珍事が生まれて話題となっている。

 平成最後となるJリーグの試合が28日に実施されたなか、名古屋の本拠地・豊田スタジアムで行われた広島戦で珍しい出来事が起きた。会場で発表された入場者数は4万人ジャストで、電光掲示板では「本日の入場者数40000人 ご来場ありがとうございます」とアナウンスされている。

 今季のJ1からJ3リーグにおいて、入場者数の下2桁が「00」で揃ったのは1試合もなかったが、今回の名古屋対広島戦で「40000」が実現。まさに平成最後の珍事となり、インターネット上でも「ぴったし!」「凄い」「ジャスト!」など驚きの声が上がっている。

 豊田スタジアムの入場可能数は4万1255人となっており、国内最大級のスタジアムで約97%という高い収容率を残した。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング