真剣勝負から一転… 浦和DF槙野、神戸FWポドルスキと“友情2ショット”に反響

(左から)浦和レッズDF槙野、ヴィッセル神戸FWポドルスキ【写真:木鋪虎雄】
(左から)浦和レッズDF槙野、ヴィッセル神戸FWポドルスキ【写真:木鋪虎雄】

試合は浦和が1-0で神戸に勝利、ドイツ時代に共闘した2人が柔和な笑みの再会ショット

 J1浦和レッズの日本代表DF槙野智章が自身の公式インスタグラムを更新し、かつてドイツのケルンで共闘したヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとの2ショット写真を投稿。神戸は指揮官の交代や3連敗で揺れているが、盟友の再会にファンからは「友情ってすばらしい」と反響を呼んでいる。

 20日のリーグ第8節で浦和が本拠地で神戸を迎え撃ったなか、元日本代表FW興梠慎三のPK弾で浦和が1-0と勝利。神戸はフアン・マヌエル・リージョ前監督の退任に伴い、吉田孝行新監督の初陣となったが、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがベンチ外となり、同FWダビド・ビジャも負傷で欠場。神戸がボールを支配する展開となるも、浦和が1ゴールを守り切った。

 槙野は先発フル出場した一方、ポドルスキは後半26分までプレー。試合は浦和に軍配が上がったなか、槙野は試合翌日の21日にインスタグラムにポドルスキとの2ショットをアップした。

「ポドルスキ、槙野とドイツのケルンで同じチームでやってた仲間とこうやって日本でまた対戦出来る事を幸せに思う」

 2人はドイツ1部ケルンで同僚となり、2010-11シーズンと2011-12シーズンに共闘した経験を持つ。神戸の監督交代直後にキャプテン退任を発表するなど心揺れるポドルスキだが、かつての同僚と再会して笑みをこぼしている。ピッチ内での真剣勝負から一転、ポドルスキと一緒に柔和な笑みを浮かべる槙野に対して、ファンからは「顔広すぎ」と交友関係を称える声が上がれば、ドイツ時代から続く関係に「いつまでも続く友情ってすばらしい」のコメントも並んだ。

 浦和は今季リーグ戦でホーム初勝利となった一方、神戸はリーグ3連敗と明暗がくっきりと分かれる結果となったが、槙野とポドルスキの美しい友情ショットはファンの心を打ったようだ。

【PR】イニエスタ、ビジャ、クエンカ、サンペール! 元バルサ戦士を観るならDAZN!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング