ガラタサライ長友、復帰戦でトルコ初得点 豪快ヘッド弾に称賛「なんて壮観なゴール」

ガラタサライのDF長友佑都【写真:Getty Images】
ガラタサライのDF長友佑都【写真:Getty Images】

カイセリスポル戦で左膝の負傷から復帰し、インテル時代の2014年以来のゴールを記録

 ガラタサライの日本代表DF長友佑都は、現地時間20日のリーグ第29節カイセリスポル戦で左膝の負傷から復帰。前半アディショナルタイムにトルコ移籍後初ゴールを決め、3-1の勝利に貢献した。トルコメディアも「長友が帰ってきた」と報じている。

 長友は2月24日の第23節アクヒサルスポル戦(1-0)で左膝を負傷。3月の日本代表戦のメンバーからも外れ、欠場が続いていた。前節のフェネルバフチェ戦(1-1)でベンチ入りしたが出場機会はなく、カイセリスポル戦で6試合ぶりにスタメンに名を連ねた。

 前半15分に先制を許すも直後に同点に追いつき、同42分にセネガル代表FWエンバイェ・ディアニェがPKを決めて勝ち越し。2-1で迎えた前半アディショナルタイムだった。左サイドバックで出場した長友は、ブラジル人DFマリアーノのファーサイドへのクロスに飛び込み、ヘディングシュートでチーム3点目を奪った。

 ガラタサライ公式ツイッターによれば、長友のゴールはインテル時代の2014年1月13日のキエーボ戦以来5年ぶり。18年1月の移籍後、ガラタサライ初ゴールとなった。

 トルコ紙「Fanatik」は「怪我から55日後に長友佑都が帰ってきた!」と速報。ガラタサライが長友のゴールを伝えたツイートに対しては「ガラタサライのサムライ」「なんて壮観なゴールだ」「スマートな男だ」と地元ファンからメッセージが寄せられた。

 リーグ2連覇に向けて、日本が誇るダイナモが再び走り出す。

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング