「将来の日本のスター」 レアル15歳MF中井卓大、“20m強烈ミドル弾”の称賛止まず

レアル・マドリードの下部組織カデーテAに所属するMF中井卓大【写真:荒川祐史】
レアル・マドリードの下部組織カデーテAに所属するMF中井卓大【写真:荒川祐史】

スーパーゴールで脚光を浴びた中井、海外メディア紹介「クラブの将来を担う候補の1人」

 レアル・マドリードの下部組織であるカデーテA(U-16相当)に所属する“ピピ”こと15歳のMF中井卓大の圧巻ゴールが話題を呼んでいる。現地時間6日に行われたラス・ロサス戦(3-0)で豪快な一撃を決めた動画が拡散しているなか、海外メディアは「将来の日本のスターが輝きを放つ」「クラブの将来を担うスター候補の1人」と称えられている。

 圧巻の一撃が生まれたのは、ラス・ロサス戦でレアルが1-0とリードして迎えた後半7分だった。エリア中央でボールを受けたピピは寄せてきた相手マーカーをドリブルで軽やかにかわすと、約20メートルの位置から迷うことなく右足を振り抜く。力強い一撃がゴール左隅へと一直線に飛び、横っ飛びした相手GKのセーブもまったく及ばずゴールネットへと突き刺さった。

 レアルの下部組織公式ツイッターが動画付きで中井のゴール映像を投稿すると多くの海外メディアが反応。「ピピ、将来の日本のスターが“工場”(ラ・ファブリカ/レアル下部組織の愛称)で輝きを放つ」と伝えたのは、海外スポーツメディア「BeSoccer」スペイン語版だ。

「タクヒロ・ナカイは先日のスーパーゴールによって、レアルのカデーテAで存在感が戻ってきた。この日本人はクラブの将来を担う未来のスター候補の1人だ。ピピと呼ばれている日本人はピッチの中央を支配。優れたゲームビジョン、長距離シュートを備えている。実際、彼はラス・ロサス戦の素晴らしいゴールでそれを浮き彫りにした」

 記事では中井の技術と秘めたポテンシャルを手放しで称賛している。スーパーゴールで注目度が高まっているなか、継続的に結果を残せるだろうか。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング