レアル15歳中井卓大が鮮烈20mミドル弾! レアル公式が「ゴラッソ」認定で実況興奮

レアル・マドリードの下部組織カデーテAに所属するMF中井卓大【写真:荒川祐史】
レアル・マドリードの下部組織カデーテAに所属するMF中井卓大【写真:荒川祐史】

ラス・ロサス戦でフェイントから右足を一閃し、完璧なコースにミドル弾を突き刺す

 レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属する15歳MF中井卓大が、現地時間6日のラス・ロサス戦で約20メートルのミドル弾を叩き込み、3-0と勝利に貢献している。“ピピ”の愛称で親しまれる中井のゴールを、レアル下部組織公式ツイッターが紹介した。

 カデーテAは敵地でラス・ロサスと対戦。1-0で迎えた後半7分に、見せ場が訪れる。赤いユニフォームをまとった中井は敵陣中央から左サイドにドリブルすると見せかけて中央へ切り返すと、一つボールを縦に突いて一気にシュート体勢に入る。ペナルティーアーク後方約20メートルの位置から右足を振り抜いた一撃は、伸びるような軌道を描いてそのままゴール左上に突き刺さった。

 相手GKが懸命に手を伸ばすも、まったく触れられない完璧なコースへの一撃を、レアル下部組織公式ツイッターが「ゴラッソ」として紹介。フベニールA(U-19)、フベニールB(U-18)、カデーテA(U-16)、カデーテB(U-15)から一つずつファインゴールが選ばれたなか、中井のミドル弾の衝撃は群を抜き、実況も「ピピーーーーー、ゴーーーーール」と絶叫したほどだった。

 中井は自身のインスタグラムで「僕たちは成長し続ける」とスペイン語で投稿。「なんてゴールだ」「何度でも惚れなおす」「噂通りのゴラッソ」など、コメント欄でも反響を呼んでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング