ユーベ“1強”のセリエA、会長はプレーオフ導入案を否定 「残留争いなら考えるが…」

現在セリエA7連覇中のユベントス【写真:Getty Images】
現在セリエA7連覇中のユベントス【写真:Getty Images】

かつて“ビッグ7”が覇権を争ったセリエAがユベントスの1強になった背景

 イタリア・セリエAはユベントスの8連覇が秒読み状態となっており、近年は“1強リーグ”の様相を呈している。こうした状況になると浮上するのが、優勝争いの盛り上がりを最後までキープするためのプレーオフ導入案だ。しかし、セリエAのガエタノ・ミッチケ会長は、この取り組みの可能性を完全に否定した。イタリア紙「イル・マッティーノ」が報じている。

 かつてのセリエAには“ビッグ7”という言葉があり、列強が優勝を熾烈に争う構図があった。首都ローマの2チーム(ローマ、ラツィオ)に加えて、北イタリアの名門3クラブ(ユベントス、ミラン、インテル)、中部イタリアのパルマとフィオレンティーナが名を連ねていた。しかし、中部の2クラブは経営に問題を抱え脱落。ミラノの2強ACミランとインテルも徐々にクラブが混乱し、ローマとラツィオもまた資金力が低下していった。

 そうしたなかでユベントスは、安定した資金基盤とアントニオ・コンテ監督の築き上げたチームをベースに黄金期を形成。ビッグ7以外から、ディエゴ・マラドーナとともに1980年代後半に黄金期を迎え、その後低迷していたナポリが復活を遂げて、2012-13シーズン以降は2位の座を3度奪うところまできた。しかし、ユベントスの牙城を崩すには至らない。

 こうした状況から近年のイタリアでは、リーグ優勝争いが盛り上がらなくなっており、最終的な上位チームのみで優勝プレーオフを行うという案が浮上したという。しかし、リーグのガエタノ・ミッチケ会長は、同紙のインタビューに対して「リーグ優勝を争うためのプレーオフを考えることはできない。場合によっては、降格クラブを決定するための“プレーアウト”を行う可能性はあるかもしれない」と、優勝プレーオフの導入は完全に否定した。

 世界的にはシーズン終了後に上位リーグと下位リーグに分けてのプレーオフを行うリーグや、かつてのJリーグのように前期、後期に分けてその後にプレーオフを行うリーグも少なくない。だが、欧州のサッカー大国では、リーグ戦はホーム&アウェーでの総当たりによる勝ち点数で、優勝クラブを決めることが通例となっている。

【PR】今週末にもユベントスの8連覇が決まる可能性! セリエA観るなら「DAZN」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング