ベイル、マルセロ… 大改革濃厚レアル、「去就が不透明な13人」をスペイン紙が特集

「去就が不透明な13人」をスペイン紙が特集【写真:Getty Images】
「去就が不透明な13人」をスペイン紙が特集【写真:Getty Images】

主力のビッグネームがズラリ ジダン監督復帰で来季のチーム編成は?

 レアル・マドリードはジネディーヌ・ジダン監督体制下で連勝を飾り、今季のタイトル獲得可能性がほぼ潰えている状況ながら立て直しの一歩を記した。ただし、その一方で来シーズンへの見極めが進んでいるが、スペイン紙「マルカ」は去就の不透明な選手が13人にも及んでいると報じている。

 同紙が挙げた“リスト”は、主力メンバーばかりだ。まず主力クラスから見てみよう。昨シーズンまでポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)と「BBCトリオ」を結成したウェールズ代表FWギャレス・ベイル、元フランス代表FWカリム・ベンゼマが名を連ねている。

 ベイルは「サンチャゴ・ベルナベウでのベイルの時間は終わりを迎える必要があり、ジダンもその方向性を共有する。ただし重要なのは、フロレンティーノ・ペレス会長が彼を往々にして寵愛していること」、ベンゼマは「今季のトップパフォーマンスを見せる選手の1人として、契約を設定されるべき。しかし、他のスーパースター級のストライカーを獲得した場合、自らの立場を考えなければならない」としている。

 ビッグネームでの“移籍候補”は彼らだけでない。中盤ではスペイン代表MFイスコ、守備陣ではフランス代表DFラファエル・ヴァラン、ブラジル代表DFマルセロ、コスタリカ代表GKケイラー・ナバスといったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を支えた面々がずらりと並ぶ。ヴァランは今季限りでの退団をほのめかしている一方で、ユベントス移籍が取り沙汰されたマルセロはジダン監督復帰によって出場機会を取り戻し、その去就は「シーズン後のジダンとの対話になる」とクラブは話している。

 その他にも、ジダン監督の息子であるGKルカ・ジダン、スペイン代表MFダニ・セバージョスといった有望若手の名前も数多い。果たして、どれだけの選手が夏を越えても“白い巨人”の一員として名を連ねているのだろうか。同紙が挙げた13人の名前は以下の通り。

GK:ケイラー・ナバス、ルカ・ジダン
DF:ラファエル・ヴァラン、マルセロ、ヘスス・バジェホ
MF:マルコス・ジョレンテ、ダニ・セバージョス、イスコ、フェデ・ヴァルベルデ、ブラヒム・ディアス
FW:ギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、マリアーノ

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング