夢が1年で悪夢に!? レアルGKクルトワ、ジダン監督の“希望発言”で退団の可能性が浮上

レアルGKクルトワ【写真:Getty Images】
レアルGKクルトワ【写真:Getty Images】

移籍金58億円でレアルに加入も、ジダン監督の就任でレギュラー落ちの憂き目に遭う

 レアル・マドリード加入1年目のベルギー代表GKティボー・クルトワは、不調からバッシングを浴びるなど受難の時を迎えている。英メディアでは、ジネディーヌ・ジダン監督の発言を受け、わずか1年でベルギー代表守護神が放出となる可能性を指摘している。

「レアル・マドリードのボス、ジネディーヌ・ジダンがティボー・クルトワの移籍を示唆している」

 こう報じたのは英紙「デイリー・ミラー」だ。昨夏にチェルシーから移籍金4000万ポンド(約58億円)でレアルに加入し、すぐさまレギュラーをつかんだクルトワだったが、チームの不調と足並みを揃えるようにこのところはパフォーマンスが低下気味。さらに、サンティアゴ・ソラーリ前監督の解任でジダン監督が就任すると、その初陣ではコスタリカ代表GKケイラー・ナバスにスタメンの座を譲った。

 さらに前節ウエスカ戦(3-2)ではジダン監督の次男GKルカ・ジダンが抜擢されるなど、ポジション争いが過熱し始めている。ジダン監督は次のようなコメントを残している。

「来季はGKに関する議論は起きないと保証するよ。(ローテーションではなく)レギュラーを決めてプレーさせるか? それはスカッドに残るGK次第だ。現在は3人いる。しかし、これ以上の議論はなくなる。かなり明確になるだろう」

 ジダン監督はすでに来季に向けた選手起用の構想を固めているようだ。詳細は明らかにしていないが、「私はすでにクラブに希望を伝えている。シーズン終了後には公になるだろう」と補強方針などもすでに幹部に伝達済みだという。

 記事ではこうしたジダン監督の発言を受け、クルトワの立場が危うくなっているのではと予想している。レアル移籍という大きな目標を叶えたのはわずか1年前。「このベルギー人は昨夏にスペインの首都への移籍という夢を叶えたが、それがあっという間に悪夢に変わろうとしている」と波乱万丈なクルトワのキャリアについて言及した。

 UEFAチャンピオンズリーグ4連覇の望みが絶たれ、リーグ戦でもバルセロナやアトレチコ・マドリードの後塵を拝しているレアル。今夏には大刷新も予想されるが、クルトワもわずか1年でチームを去ることになるのだろうか。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング