“関西ダービー”は壮絶な撃ち合い! 神戸の“VIPトリオ”躍動、G大阪に4-3と逆転勝利

神戸FWポドルスキ(左)、G大阪MF遠藤(右)【写真:Getty Images & Football ZONE web】
神戸FWポドルスキ(左)、G大阪MF遠藤(右)【写真:Getty Images & Football ZONE web】

途中出場の田中が終盤2ゴールを決め逆転! ポドルスキ&ビジャは公式戦初のアベック弾

 ヴィッセル神戸とガンバ大阪の“関西ダービー”は壮絶な撃ち合いとなった。30日に行われたJ1リーグ第5節の一戦は、ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、元スペイン代表FWダビド・ビジャがともにゴールを決めるなど両チーム計7ゴールが生まれる撃ち合いの末、神戸が4-3で勝利した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 神戸はこの試合、MFセルジ・サンペールがJリーグ初先発となるなど、Jリーグ史上初めてフィールドプレーヤーで5人の外国人選手をスタメン起用した。しかし前半10分にG大阪のFWアデミウソンに鮮やかなボレーシュートを決められ先制点を献上。同24分にはショートカウンターからFWファン・ウィジョに追加点を決められるなど、神戸はいきなり2点を追う展開となった。

 劣勢を強いられていた神戸が、追撃のゴールを奪ったのは同45分だった。左サイドで直接FKを得ると、キッカーを務めた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが上げたクロスのこぼれ球が、ファーサイドのポドルスキのもとにこぼれる。浮いたボールに対しポドルスキは左足を一閃。強烈なボレーシュートがゴールに突き刺さり、自身リーグ戦2試合連続となる一撃で神戸が1点差に詰め寄った。

 ビジャは前半こそ存在感を出せなかったが、後半9分にイニエスタのスルーパスから左サイドをえぐったポドルスキがゴール前にクロス。日本代表GK東口順昭が飛び出せない軌道が描かれると、フリーになったビジャがヘディングでゴールに流し込む。“VIPトリオ”の鮮やかな連係から2-2の同点にした。

 しかしガンバも後半27分にはMF遠藤保仁の心憎いラストパスからMF倉田秋が決めて3-2と再び勝ち越し。しかし諦めない神戸は、サンペールと交代でピッチに入ったMF田中順也が同35分、44分と立て続けにゴールを決め逆転に成功した。

 パナソニック吹田スタジアムで史上最多となる3万7076人が詰めかけた白熱の一戦で、ビッグネームが力を発揮した神戸がアウェーから勝ち点3を持ち帰ることに成功した。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング