「引退も考えた」宮市亮、大怪我から真の復活へ 契約延長「すべての人に感謝」

ザンクトパウリに所属するMF宮市亮【写真:Getty Images】
ザンクトパウリに所属するMF宮市亮【写真:Getty Images】

ザンクトパウリ監督も高く評価 「彼の持つスピードは我々の武器」

 ハンブルクの街が戦いの場となる――。元日本代表MF宮市亮がプレーするザンクトパウリが、酒井高徳と伊藤達哉の所属するハンブルガーSVを迎えてのダービーマッチが10日に行われる。街中では今週、すでに何度もファン同士の小競り合いが起こり、試合当日スタジアムの周りにはおよそ1800人の警官隊が万全の態勢で安全確保を目指す。

 そんなダービー出場を熱望しているのが宮市だ。9月30日にハンブルガーSVのホームで行われた前回対戦では、ベンチ入りしながら出場機会がなかった。

「雰囲気はすごく良かったですね。試合に出られたら一番良かったですけど。しょうがないですね」

 試合後にそう語っていた宮市だが、当時はまだ、その2試合前に膝の負傷から復帰したばかり。後日「長いリハビリ生活の間には引退を考えたこともあった」と漏らすほど苦しい時期を乗り越え、9月21日のインゴルシュタット戦で約1年ぶりに実戦復帰。この試合で後半25分から早速起用されると、同37分に相手の隙を見事についたヘディングシュートで決勝点を決めた。その喜びの大きさは想像以上のものだったことだろう。

 宮市は、こう話してくれたことがある。

「そうですね、本当に得点できたことはうれしかったですけど、まず本当にこの復帰に関わってくれたすべての人に本当に感謝を伝えたいです。そういう人たちなしでは、絶対に復帰できなかったと思うので、それは感謝したいです。ただ本当にまだ1点というか、始まったばかりなので、それを積み重ねていけるように頑張っていきたいと思います」

 その言葉どおり少しずつ出場機会を増やし、今ではレギュラー候補の一人となるまで復活してきた。マルクス・カウンツィンスキ監督からは「サッカー選手としての能力がまず高く、加えて彼の持つスピードは我々の武器だ。相手DFが彼を止めるのは非常に難しい」と高い評価を受けており、だからこそクラブは先日、宮市に2021年6月30日までの契約延長を打診。宮市もまた「(話をもらった)最初の瞬間から延長するのは僕の中ではっきりしていることだった」とすぐに了承した。


page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング