「本当にタフな状況が続いている」 ニューカッスル武藤、8戦連続出番なしに胸中吐露

FW武藤嘉紀が苦境に立たされている【写真:Getty Images】
FW武藤嘉紀が苦境に立たされている【写真:Getty Images】

“プレーできると思っていた”ウェストハム戦も不出場「辛抱強く待つ必要がある」

 ニューカッスルの日本代表FW武藤嘉紀が、クラブで出場機会に恵まれていないことについて、「本当にタフな状況が続いている」と心境を明かしている。英地元紙「クロニクル・ライブ」が報じた。
 
 武藤は今季ドイツ1部マインツからニューカッスルに加入。初挑戦のプレミアリーグでは昨年10月の第8節・敵地マンチェスター・ユナイテッド戦(2-3)で初ゴールをマークしたものの、インパクトを残したと言えるのはこの試合のみ。ここまで12試合1得点という成績で、1月2日の本拠地ユナイテッド戦(0-2)を最後に8試合連続出番なしに終わっている。

 負傷やアジアカップ参戦が重なったとはいえ、出番の限られている現状は不本意と言えるだろう。武藤は「本当にタフな状況が続いています。(2日の)ウェストハム戦ではプレーできると思っていたんですが、それもできなかった」と胸中を明かしている。

「ウェストハム戦は僕の日ではなかったですね。怪我によってチャンスを失いました。でもポジティブでいることが大切だと思っていますし、辛抱強く待つ必要があります」

 アジアカップ期間中にチーム状態が上向いたことが武藤にとっては逆風となったが、我慢強く、虎視眈々とレギュラーポジション奪取の機会をうかがっている。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング