長友が“弟分”と共闘? ガラタサライ監督、堂安律に興味「新たなお気に入りの日本人」

フローニンゲンMF堂安【写真:Getty Images】
フローニンゲンMF堂安【写真:Getty Images】

堂安を7カ月調査と現地メディア報道 「市場価格を約9億5000万円まで高めた」

 日本代表DF長友佑都が所属するトルコ1部ガラタサライが、オランダ1部フローニンゲンの日本代表MF堂安律に興味を示しているようだ。指揮官の「新たなお気に入りの日本人:リツ・ドウアン」と、トルコメディア「sporx」が報じている。

 堂安は昨夏にJ1ガンバ大阪からフローニンゲンに期限付き移籍。加入1年目からリーグ戦29試合で9ゴール4アシストをマークして評価を高め、今季から完全移籍を果たした。今季も20試合で4ゴール2アシストと一定の結果を残すなど存在感を放っている。

 1月のアジアカップでも日本代表の中心選手の1人として注目を浴びたなか、「ファティ・テリムの新たなお気に入りの日本人:リツ・ドウアン」と報じたのがトルコメディア「sporx」だ。チームを率いるテリム監督が、20歳の日本人アタッカーの実力を認めているという。

 記事では「ファティ・テリム監督の指示を受けて、リツ・ドウアンを7カ月追っている」と言及。「フローニンゲンで安定したプレーを披露。彼はその左足で市場価格を750万ユーロ(約9億5000万円)まで高めた。ユウト・ナガトモの弟分は2021年までフローニンゲンと契約している」と記している。

 堂安と言えば、アジアカップ期間中に長友からヨガや体幹トレーニングなどの指導を仰ぎ、通常のチーム練習以外でも多くの時間を過ごして“弟分”として知られる。果たして、ガラタサライは堂安の獲得に本腰を入れ、長友との共闘が実現するだろうか。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング