“湘南スタイル”のその先へ 初タイトル翌年のキーワードは「予測力」と「思考力」

昨シーズン、ルヴァンカップを初制覇した湘南ベルマーレ【写真:荒川祐史】
昨シーズン、ルヴァンカップを初制覇した湘南ベルマーレ【写真:荒川祐史】

就任8年目の曺貴裁監督を直撃 昨季までは予測や準備が「物足りなかった」

 昨シーズン、湘南ベルマーレはクラブ創立50周年という節目の年にルヴァンカップを初制覇した。Jリーグ発足後、初のメジャータイトルを獲得したクラブはこのオフ、昨年に筆頭株主となった合弁会社の中核を成すRIZAPグループの主導の下、『RIZAP Lab(ライザップラボ)』と呼ばれる新たなトレーニング施設を導入。また、これまでの傾向に反して、前シーズンの主力がほぼ全員残り、さらに武富孝介、指宿洋史、レレウなど楽しみな新戦力も加入している。

 念願のトロフィーを手にし、バックアップ体制も強化された湘南は今季、昨季よりも高みを見据えている。それを実現するために、就任8年目を迎えた曺貴裁監督が最も重要視しているものは「予測力」だと言う。

「今までは、言われたことをしっかり体現していくことが湘南の良さだった。切り替えを徹底するとか、ボールを奪われたら早く帰陣するとか、球際やゴール前で体を張るとか、そういうことはできていたと思う。でも、ゲーム中に次に何が起こるかと予測したり、そのために準備しておくといった点が物足りなかった。相手の前に出るとか、局面で先手を取るとか。逆に言えば、そこは大きな伸びしろだと思うので、このプレシーズンはそうした部分を高めるようなトレーニングを積んでいます」

 そう話した指揮官は、昨年もシーズン終了後に欧州へと渡り、最先端のフットボールを自身の目で確認してきた。たまたまマンチェスター・シティのUEFAチャンピオンズリーグの会場で居合わせたこともあり、その点についても質問してみた。曺監督が今の欧州フットボールから得たインスピレーションはどんなものだったのか、と。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング