「いつか戻ってやる」 鹿島加入内定の法政大FW上田綺世、中学時代の挫折に誓った決意

鹿島アントラーズへの加入が内定した法政大FW上田(左)【写真:Football ZONE web】
鹿島アントラーズへの加入が内定した法政大FW上田(左)【写真:Football ZONE web】

大学2年にして2021年の鹿島加入が内定「特別なクラブに戻れたのは嬉しい」

 J1鹿島アントラーズに2021年からの加入が内定した法政大FW上田綺世が20日に記者会見を実施。鹿島の下部組織から、高校、大学を経て「特別なクラブ」と語る地元・茨城の鹿島に待望の“凱旋”を果たすことに「いつか戻ってやると思っていた」と反骨心を語った。

 1998年生まれと東京五輪世代の上田は、中学時代は鹿島Jrユースノルテに在籍。トップチームでのプレーを夢見て日々励んでいたが、当時は身長が170センチに満たないこともあり、ユース昇格は叶わなかった。

 その後、茨城県内の鹿島学園高を経て法政大に進学。1年時から出場機会をつかみ、2年時の昨季はゴールゲッターとして、法政大の42年ぶりとなるインカレ(全日本大学サッカー選手権)優勝の原動力となった。

 大学2年生にして、2021年からの鹿島入りが内定した上田だが、「反骨心」が自身を突き動かす原動力になったと語る。

「鹿島は中学で3年間お世話になりましたけど、ユースに上がれなくて、『いつか戻ってやる』と思っていました。そこは反骨心に近い部分がある。『呼ばせてやる』『もう一回必要とさせてやる』と思ってプレーしていました。鹿島アントラーズは僕にとって特別なクラブ。そこに戻れたのは嬉しい。今後は地元を背負って、鹿島アントラーズの優勝とか結果に貢献していくのが僕の目標であり仕事です」

 鹿島の椎本邦一スカウト担当部長によれば、下部組織出身で高校、大学を経て鹿島に戻ったのは、この日会見に帯同していたスカウト担当の鈴木修人氏(鹿島ジュニアユース→市立船橋高→早稲田大→鹿島)以来だという。自身と同じ道を歩むことになった後輩に対し、鈴木氏も「上田君はアントラーズが大好き。地元でアントラーズのことを見てくれていたし、アントラーズ愛のある選手が入ってくれて嬉しい」と期待を寄せる。

 すでにJFA・Jリーグ特別指定選手にも認定されており、法政大、東京五輪を目指すU-22日本代表、鹿島と“三足のわらじ”を履きながら、選手としてさらなる成長を誓う。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング