直筆? 神戸FWポドルスキ、同僚へ日本語で一筆したためた“祈願の絵馬”が大反響

神戸FWポドルスキ【写真:Getty Images】
神戸FWポドルスキ【写真:Getty Images】

神戸市内で必勝祈願 橋本の活躍を祈願「たくさんのアシストができますように!!」

 J1ヴィッセル神戸は18日、神戸市内で必勝祈願を行った。昨季途中加入の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、今季新加入の元スペイン代表FWダビド・ビジャにとっては初体験の日本独特の儀式となったなか、Jリーグ3年目を迎える元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが自身の公式ツイッターを更新。同僚に向けて一筆したためた絵馬を披露すると、「直筆なの?」と反響を呼んでいる。

 神戸は2017年夏にポドルスキを獲得。昨夏には長年バルセロナの象徴としてプレーしたイニエスタが加わり、ワールドカップ優勝経験者がホットラインを組むということで、大きな注目を浴びることになった。さらに、今季に向けて元スペイン代表FWダビド・ビジャも獲得し、世界にその名を轟かせるスーパースター3人が集結して話題を呼んでいる。

 22日にセレッソ大阪との開幕戦を控えるなか、18日に神戸市内で必勝祈願を実施。そんななか、ポドルスキが自身のツイッターを更新し、その模様をアップしている。最初の投稿では、「Team vissel kobe」と題し、神社前での集合写真を公開。続いて披露したのが、日本語でメッセージが綴られた絵馬だった。

「けがなく素晴らしいシーズンを神戸の全選手が送れますように!」
「橋本がたくさんのアシストができますように!!」

 チームの顔として同僚の健康と活躍とともに、一歳年下であるDF橋本和のアシスト量産を祈願している。ファンからは「え?まさか自筆ではないよね?」「これ自筆なの?上手すぎ!」「Perfect Japanese!」(完璧な日本語)などの声が上がった。代筆と見られるが、ファンの間で大きな反響を呼んでいる。

 ポドルスキがイニエスタやビジャらが揃うタレント軍団をどのように牽引するか、新シーズンの大きな注目ポイントになりそうだ。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング