「CLの早期敗退が条件」 リバプールOBが12年ぶりのリーグ制覇を狙うアーセナルに注文

リーグとCLの二足のわらじを履く余裕はないと指摘

 リバプールのレジェンドで、現在は英衛星放送局「スカイ・スポーツ」で解説者を務めるジェイミー・キャラガー氏が、10月4日のプレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドを3-0で下したアーセナルを、今季のプレミアリーグ優勝候補に挙げた。ただし、それにはある条件が付くと話している。

 その条件とは、アーセナルがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で早期敗退するというもの。キャラガーは、リーグに集中さえすれば、彼らが頂点に立つ可能性はあると語った。

「アーセナルは今のチームでCLを制することはないだろう。彼らは良くても準々決勝止まり。いつもそこで敗退している。もしCLで早々に敗退すれば、彼らにも(リーグ制覇に向けて)利点があるはずだ」

 キャラガー氏は、かつてのライバルチームへ手厳しい言葉を送った。

 アーセナルは2003-04シーズン以来、12シーズンぶりのリーグ制覇を熱望している。しかし、キャラガー氏の目には、二足のわらじを履く余裕はないと映っているようだ。

「アーセナルにはリーグタイトルが必要だ。それを再優先の目標にする必要がある」

 事実、アーセナルは今季のCLでは開幕から2連敗を喫し、グループFの最下位に沈む。キャラガー氏に指摘されるまでもなく、早期敗退の危険性は高まっている。無敗優勝を成し遂げ、“インビンシブルズ”の異名をとった03-04シーズン当時の最強チーム以来、悲願のリーグ制覇を達成するためには、皮肉にもCL敗退が追い風となるのかもしれない。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング