浦和デビューのブラジル人MFエヴェルトン、日本のジャッジに抱いた印象は?

浦和レッズのMFエヴェルトン【写真:Noriko NAGANO】
浦和レッズのMFエヴェルトン【写真:Noriko NAGANO】

アンカーに入るも持ち味を発揮できず マウリシオが証言「本来は一列前の選手」

 J1浦和レッズに今季から加入したブラジル人MFエヴェルトンは、16日の富士ゼロックス・スーパーカップの川崎フロンターレ戦でデビューしたが、前半45分間で交代。チームも0-1で敗れ、「素晴らしいものは見せられなかった」と話した一方で、家本政明レフェリーのジャッジに抱いた好印象についても語った。

 エヴェルトンは浦和がオズワルド・オリヴェイラ監督の下で昨季の後半から定着している3-5-2システムの中心部分、アンカーの役割を担う3人のMFの中央に入った。現状では「右、左、プレス」というくらいの日本語でしかコーチングをできない難しい状況のなか、ボールの近い局面、局面では球際の強さや技術も見せた。ただし、チーム全体としては押し込まれる苦しい状況を打開できないまま時間が流れていった。

 川崎戦に向け、「(試合前の時点で)ゲームプランが少し守備的ななかで、相手がよくつなぐことは理解していた」と話したエヴェルトンだが、「奪った時に落ち着いて相手の上がったラインの背後を突こうという意識があったが、残念ながら危険な抜け出しはできなかった」と、試合展開を振り返っている。

 エヴェルトンはポルトガルの名門ポルトが昨夏にポルティモネンセから獲得。そのまま古巣に期限付き移籍する形でシーズンを過ごしていた今冬、浦和に期限付き移籍で加入した。浦和ではDFマウリシオとFWファブリシオがポルティモネンセ時代にもチームメートだったが、彼らはともにエヴェルトンの特徴をラストパスに近い局面と話す。マウリシオが「本来は一列前の選手」と話すなど、そのポテンシャルを発揮できたとは言い難かった。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング