J2山口の元日本代表FW工藤壮人 「J1昇格&得点王」宣言に滲むストライカーのプライド

レノファ山口のFW工藤壮人【写真:Football ZONE web】
レノファ山口のFW工藤壮人【写真:Football ZONE web】

“点取り屋役”を求めて移籍を決断 霜田監督も期待大「ずっと点を取って生きてきた男」

 霜田正浩監督が就任して2年目を迎えるJ2レノファ山口で、再起を目指す男がいる。柏レイソルでエースナンバーを背負い、日本代表経験もあるFW工藤壮人だ。指揮官から「彼が得意なことはすべてウチのためになる確信がある」と期待を寄せられるなか、チームのJ1昇格とJ2得点王を目標に掲げた。

 米MLS(メジャーリーグサッカー)からJリーグ復帰を果たした2017年、「骨を埋める覚悟」でサンフレッチェ広島へ移籍した。しかし、チームの不振で森保一監督、ヤン・ヨンソン監督と指揮官が交代し、加入1年目はリーグ戦18試合3得点。城福浩監督を迎えた昨季はリーグ優勝を争うなかで自身の特徴と求められる役割のギャップに苦しみ、プロ2年目以降では自己最少となる12試合1得点に終わった。“2年間の葛藤”を経て、山口への期限付き移籍を決断することになったが、霜田監督の熱い言葉とクラブビジョンに心を動かされたという。

「(移籍は)悩みました。ただ、改めてサッカーのやりがいがあるところ、ストライカーとして信頼してプレーさせてもらえる環境に身を置きたいというのがありました。山口はしっかりとしたビジョンを持っているチームで、J1昇格に向けて力を入れている。霜田監督から熱い言葉を頂いて、僕も『監督のために戦いたい』『このチームで成功したい、J1に昇格したい』という気持ちで決断しました」

 山口は昨季J2得点ランキング2位で、チーム総得点の約35%を占める22ゴールを挙げたFWオナイウ阿道が大分トリニータへ移籍。霜田監督は新エースとして、“ストライカー工藤”に期待を懸ける。

「彼をウチに誘った時も、彼が一番やりたいこと、一番得意なことができた時に、すべてウチのためになるという確信があって声をかけています。それを粋に感じてくれて、ウチを選んで来てくれた。ずっと点を取って生きてきた男なので、ウチでも点を取ってほしい、あるいは点を取ることに絡んでほしい。もうそれだけです。彼の中でサッカーが楽しくなれば、自然と僕らのチームも勝てると思います」

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング