「ショッキングな瞬間」 マンU凱旋のディ・マリア、突き飛ばされ金属フェンスに直撃

パリ・サンジェルマンMFディ・マリア(左)【写真:Getty Images】
パリ・サンジェルマンMFディ・マリア(左)【写真:Getty Images】

古巣を相手に2アシストの活躍を披露したPSGのMFディ・マリアにアクシデント

 パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間12日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16第1戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、2-0と勝利した。アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアは古巣相手に2アシストの活躍を見せたが、後半に起きたフェンス直撃のアクシデントに注目が集まっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニら中心選手を負傷で欠いたPSGだが、ユナイテッドの本拠地オールド・トラフォードで輝きを放ったのがディ・マリアだった。0-0で迎えた後半8分、右コーナーキックからフランス代表DFプレスネル・キンペンベのダイレクトボレーを演出すると、同15分には左サイドからグラウンダーのクロスを供給し、フランス代表FWキリアン・ムバッペの追加点を生み出した。

 2014年から1年間在籍したユナイテッド戦で2アシストのディ・マリアだが、前半39分にアクシデントに襲われる。中央からのムバッペのパスが大きく左サイドへ逸れた場面、ディ・マリアはボールを回収しようと全速力で走るも、マッチアップしていた相手のイングランド代表MFアシュリー・ヤングにタッチライン寸前で体を当てられバランスを崩してしまう。すると、スタンド前の金属フェンスにそのまま体ごと突っ込んでしまい、苦痛の表情を浮かべながらその場で倒れ込んだ。

 PSGの選手たちがヤングに詰め寄って一触即発の空気が流れるも、主審が間に割って入り事態は沈静化。最終的にヤングのタックルは警告の対象とはならなかった。

 このワンシーンに英紙も注目を寄せている。英紙「デイリー・エクスプレス」は「ヤングがディ・マリアを金属の柵へ押し出すショッキングな瞬間」と見出しを打って報じ、「PSGの選手たちはヤングへ怒りを露わにした」と綴った。一方、英紙「デイリー・メール」も「ヤングはディ・マリアをオールド・トラフォードの溝へと突き落としたが、2枚目のイエローカードからは回避した」と、前半30分にイエローカードをもらっていたヤングが2度目の警告で退場を免れたと主張している。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も