「ボスと呼ぶな」 スールシャール暫定監督、古巣マンUスタッフに“名前呼び”を指示

マンUを率いるスールシャール暫定監督【写真:Getty Images】
マンUを率いるスールシャール暫定監督【写真:Getty Images】

顔馴染みだからこそ、現役時代と同じ名前で呼ぶことを要求「私の名前はオレだ」

 マンチェスター・ユナイテッドはジョゼ・モウリーニョ監督の解任により、クラブOBのオレ・グンナー・スールシャールを暫定監督に迎えた。古巣の指揮を執るノルウェー人指揮官は、クラブスタッフに対して“ボス”ではなく、名前で呼ぶように指示したという。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が伝えた。

 スールシャール暫定監督は2015年から母国ノルウェーのモルデFKの監督を務めるなか、昨年12月に古巣ユナイテッドの暫定指揮官に抜擢された。スカンジナビアのサポーターズクラブ「ユナイテッド・サポーターレン」のインタビューによれば、英キャリントンにある練習場に戻ってきた際に、クラブスタッフに現役時代と同じよう“オレ”と名前で呼ぶように伝えたという。

「すべては我々が”ファミリー”だということだ。お互いを気遣い、サポートし、よく知るということ。ここに来た時、最初に会ったのは(キャリントンの受付の)キャスで、それから、私がここの選手だった時から働いているスタッフにも会った。彼らは私を“ボス”と呼んだんだよ。だから、私は『止めてくれ。私の名前はオレ。オレと呼んでくれ』と言った。長年にわたり一緒に働き、よく知っている仲だ。ボスなんて呼ばれたくなかった」

 スールシャール暫定監督は就任後10試合で9勝1分と無敗をキープしており、ユナイテッドの今季“トップ4フィニッシュ”(現在5位)に向けて活気を取り戻させた。

「我々はサッカークラブの“芯”の価値を守らなくてはならない。監督と選手の関係、そして、キャリントンで働く全員との関係だ。それが私が今、やろうとしていること。クラブの全員が連携するべきなんだ。アカデミーとトップチームもそう。私は、ここ(トップチーム)での可能性があるというメッセージをアカデミーに確実に送る。みんなで一緒に頑張る。それがこのクラブの基盤だ」

 スールシャール暫定監督は、ピッチ外でもクラブが一つになる重要性を説いていた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング