“炎の男”香川、衝撃デビューはゴールのみにあらず 攻守両面でノーミスの“無双ぶり”

香川が衝撃のデビュー戦を飾った【写真:(C)BesiktasJK】
香川が衝撃のデビュー戦を飾った【写真:(C)BesiktasJK】

2ゴールに加えてパス、シュート、デュエル、タックルにすべて成功する完璧な出来

 トルコ1部ベジクタシュに移籍したMF香川真司は、現地時間3日のリーグ第20節アンタルヤスポル戦で移籍後初出場。後半36分の登場からわずか16秒で初ゴールをマークすると、さらに同39分には約25メートルの直接FKも決め、6-2の大勝に貢献した。目覚ましい活躍に世界中が反応を見せるなか、個人スタッツに目を向けると3分間2ゴールの荒稼ぎはもとより、一切のミスがない“パーフェクトぶり”が浮かび上がった。

 1月31日にドイツ1部ドルトムントからベジクタシュへの期限付き移籍が決まった香川は、1日に合流すると3日のアンタルヤスポル戦ですぐさまベンチ入り。ベジクタシュが4-1とリードして迎えた後半36分に投入された香川が輝きを放つ。

 投入直後のファーストプレーでドリブルを仕掛けた香川は、高速フェイントを繰り出すと右足を豪快に振り抜き、ゴール左隅にミドルシュートを叩き込んだ。さらに直後の同39分、約25メートルの位置から縦回転の直接FKも決めるなど、3分間で2ゴールと出色のパフォーマンスを披露。その後に1点を返されるもベジクタシュが6-2と大勝し、香川も2ゴールと最高のスタートを切っている。

「投入16秒弾」「3分間2ゴール」が目を引くが、この日の香川はまさに“無双”だった。データ分析会社「オプタ」は、出場時間9分、得点数2以外にも香川の個人スタッツを公開している。

パス成功:3/3(100%)
キーパス:1回
シュート:2本
枠内シュート:2本
枠内シュート率:100%
シュート成功率:100%
デュエル:1/1(100%)
タックル:1/1(100%)

 プレー時間が短く、出場時には3点差がついていた点は加味しなければならないものの、アンタルヤスポル戦の香川は攻守両面すべてのプレーに成功する“無双ぶり”だった。

 イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は「カガワによる最初の炎」と表現し、「輝かしいデビュー」と伝えている。

 9日に行われるリーグ第21節ブルサスポル戦で、ホームのサポーターの前でデビュー戦を超えるパフォーマンスを見せられるか、期待は高まるばかりだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング