「カガワに嫉妬している」 香川真司、3分2発“衝撃デビュー”に元トルコ代表MFが告白

香川が衝撃のデビュー戦を飾った【写真:(C)BesiktasJK】
香川が衝撃のデビュー戦を飾った【写真:(C)BesiktasJK】

ベジクタシュ移籍後初出場、途中出場から3分間2ゴールの働きに解説者も本音吐露

 トルコ1部ベジクタシュに移籍したMF香川真司は、現地時間3日のリーグ第20節アンタルヤスポル戦でデビューすると、出場3分間で2ゴールと鮮烈なインパクトを残した。この試合で解説を務めた元トルコ代表MFリドバン・ディルメン氏は「私はカガワに嫉妬している」と衝撃デビューの日本人アタッカーに言及している。トルコメディア「sporx」など複数の現地メディアが報じた。

 1月31日にドイツ1部ドルトムントからベジクタシュへの期限付き移籍が決まった香川は、3日のアンタルヤスポル戦でベンチ入り。ベジクタシュが4-1とリードして迎えた後半36分に香川に出番が巡ってきた。すると、投入直後のファーストプレーで圧巻のプレーを披露する。

 香川がピッチに立った直後、左サイドからパスをつなぐベジクタシュは中央へパス。ボールを受けた香川が相手ゴールに向かってドリブルを仕掛けると、高速フェイントから右足を振り抜き、ゴール左隅にミドルシュートを叩き込んだ。さらに直後の同39分、約25メートルの位置から相手GKの逆を突く縦回転の直接FKでネットを揺らし、3分間で2ゴールの活躍を見せた。

 その後、1点を返されたベジクタシュだが6-2と大勝。そのなかでスポットライトを浴びたのが2ゴールと衝撃デビューを飾った香川だ。解説を務めていたディルメン氏は、香川の働きぶりに正直な思いを吐露している。

「私はカガワに嫉妬している。私が嫉妬と言う時、それは悪い意味で言っているのではない」

 香川が3分間で決めた電光石火の2ゴールは、決して簡単にできるものではない。それが新天地デビュー戦となればなおさらだ。1日に合流を果たしたばかりの日本人アタッカーが眩い輝きを放ち、元トルコ代表MFも思わず羨望の目を向けた。最高の形で第一歩を刻んだなか、同氏は「カガワはベジクタシュに新たな風を吹き込んだ」と分析。そのうえで「次の試合もプレーするだろう」と展望している。

 次節は現地時間9日の第21節ブルサスポル戦。ベジクタシュのホームで初お目見えとなる香川は2試合連続で衝撃のプレーを見せてくれるだろうか。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング