香川真司、鮮烈デビューを許した相手GKがSNSに“謝罪投稿” 「みんなに申し訳ない」

(左から)ベジクタシュMF香川、アンタルヤスポルGKボファン【写真:(C)BesiktasJK&Getty Images】
(左から)ベジクタシュMF香川、アンタルヤスポルGKボファン【写真:(C)BesiktasJK&Getty Images】

アンタルヤスポルGKボファンは、香川に裏を突かれる直接FK弾を食らって呆然

 ドルトムントからベジクタシュに期限付き移籍したMF香川真司は、デビュー戦となった現地時間3日のリーグ第20節アンタルヤスポル戦(6-2)で出場16秒での電光石火弾と直接FKによる2ゴールをマークする鮮烈な活躍を披露した。香川の衝撃デビューに注目が集まるなか、香川の直接FKに“お手上げポーズ”のアンタルヤスポルGKルート・ボファンは試合後にSNSで大敗を謝罪した。

 ベジクタシュは前半だけで3-0と大きくリードを奪い、アウェーでアンタルヤスポルを圧倒。さらに、お互いに1点ずつを加えて迎えた後半36分、セルビア代表FWアデム・リャイッチに代わって新加入の香川がピッチに送り出された。すると、香川はファーストプレーのドリブルシュートから初ゴールをマークし、同39分にはFKを直接決めるなど立て続けにゴールを奪った。

 ドルトムントでは直接FKのキッカーを任されることはなかった香川だが、ボールに縦回転をかける技ありシュートで壁のないゴール右隅に蹴り込んだ。アンタルヤスポルGKボファンは壁の上を超えると予期して動いたが、香川はその逆を突いた。

 6失点を喫した立場のGKボファンは、香川のFKが決まった直後に呆然と立ち尽くし、まさにお手上げといった様子で、両手を上げた。さらに、試合後にインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で「チーム、ファン、みんなに申し訳ない。今日、我々のチームはひどい試合をしてしまった」と低調なパフォーマンスでの大敗を謝罪した。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング