「最後だからぶっ倒れてもいい」 長友佑都、運命のアジア杯決勝へ“フルパワー宣言”

アジアカップ決勝に向けて意気込みを語ったDF長友【写真:Getty Images】
アジアカップ決勝に向けて意気込みを語ったDF長友【写真:Getty Images】

カタールとの大一番へSNSで決意「自分のありったけのエネルギーぶつけてきます!!」

 森保一監督率いる日本代表は、2月1日のアジアカップ決勝でカタールと対戦する。2大会ぶりの優勝を懸けた大一番を前に、DF長友佑都(ガラタサライ)が自身の公式ツイッターを更新。「最後だからぶっ倒れてもいいね。笑」と、今大会ラストゲームへの意気込みを語っている。

 日本はグループリーグ3連勝を飾り、決勝トーナメントに進出。16強サウジアラビア戦、準々決勝ベトナム戦と続けて1-0の接戦を制すと、準決勝ではFIFAランキング29位とアジア最上位(日本50位)のイランを3-0で破り、決勝への切符を手にした。

 決勝で対戦するカタールはFIFAランク93位ながら、韓国を下すなど今大会6試合で16得点無失点と圧倒的な数字を残しており、決して侮れない相手だ。長友が自身の公式ツイッターで大一番への思いを綴っている。

「泣いても笑っても最後の試合。みんなと笑って終われるように! 自分のありったけのエネルギーぶつけてきます!! 最後だからぶっ倒れてもいいね。笑」

 長友はグループリーグ突破が決まっていた第3戦のウズベキスタン戦を除き、ここまで5試合にフル出場。イランとの激闘後には「もう1試合できるんじゃないかというくらい疲労を感じてないし、サッカーは90分で短いと思ったのは初めてでしたね。今日の長友は180分いけたと思いますよ」と語り、無尽蔵のスタミナぶりを発揮していた。

 カタールを破り、2011年大会以来のアジア王者タイトル奪還には、長友の活躍が不可欠だ。

【PR】2018年の熱戦を振り返るJ1・J2・J3DAZNシーズンプレビューショーが面白い!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング