本田圭佑の「記憶は恒久的」 オランダ誌が秘話紹介、参考にしていたのは“アイスマン”

現在はメルボルン・ビクトリーでプレーするMF本田圭佑【写真:Getty Images】
現在はメルボルン・ビクトリーでプレーするMF本田圭佑【写真:Getty Images】

海外キャリアはオランダのVVVでスタート「ホンダはすぐに魅力的な存在となった」

 元日本代表MF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)の海外でのプレー生活は10年を優に超えた。そのファーストステップとなったのはオランダのVVVフェンロだ。当時を回想したオランダのサッカー専門誌「Voetbal International」は、本田の奮闘ぶり、そして参考にしていたオランダのレジェンドについてのエピソードなどを紹介している。

 本田がJ1名古屋グランパスからオランダへの挑戦を始めたのは2008年1月のこと。当時名古屋の監督を務めたセフ・フェルホーセン氏の推挙もあって、フェンロの地に渡った。その際の入団会見で、「私はホンダです。車ではなくサッカー選手だよ」とジョークを交えたことも記事では明かしている。

 本田のフェンロの活躍ぶりは、日本でも知られるところだろう。加入1年目こそチームは降格したものの、在籍2年目の08-09シーズンは圧倒的なパフォーマンスでチームを昇格に導いた。そこには本田のパーソナリティーも大きく影響したと同誌は見ているようだ。

「ホンダはすぐに魅力的な存在となった。彼は一般的な日本人ではなく、彼らが控えめなのが典型的だ。しかしホンダの仕事への理念は独特で、他の日本人と比べてはるかに大胆だった」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング