日本FW陣が見た、エース大迫の“凄み” 「日本の攻撃を支えている」「見習わないと」

海外移籍も見据える北川 「選手として、ストライカーとして大きくなるためには…」

 一方、今大会1トップに抜擢される試合もあった北川だがノーゴールに終わり、批判の声も上がっていた。アジア強豪国同士の一戦を目の当たりにし、「トップの戦いを見られたことが大きかった」と感想を漏らした北川は、そのなかで輝きを放った大迫の凄さを再認識したようだ。

「今の日本の攻撃を支えているのがサコくんだと思うし、それだけ大きな存在なのは外から見て感じた」

 大迫とはプレースタイルを異にする北川だが、「自分がこれから先、選手として、ストライカーとして大きくなるためには、ああいったプレーが絶対必要」と力を込める。海外移籍も見据えながら、「海外で結果を残したり、日本代表で結果を残すためにはああいうプレーも必要になる。まだまだ自分が成長できると思います」と前を向いた。

 決勝でも大迫の先発出場が濃厚だが、エースのプレーに触発された2人の士気も高い。決勝まで切磋琢磨を続け、一丸となってアジア王座奪還を目指す。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング