「依然として日本最大の弱点」と指摘したのは? 英記者がイラン戦“先発11人”を採点

(左から) 吉田、大迫、冨安、南野、原口【写真:Getty Images & AP】
(左から) 吉田、大迫、冨安、南野、原口【写真:Getty Images & AP】

難敵イランを3-0で撃破し、2大会ぶりの決勝進出 軒並み高評価のなか、GK権田は…

 森保一監督率いる日本代表は、28日のアジアカップ準決勝でFIFAランキング29位とアジア最上位のイランと対戦。5試合ぶりに先発復帰したFW大迫勇也(ブレーメン)が2ゴールを挙げれば、後半アディショナルタイムにはMF原口元気(ハノーファー)がダメ押し弾を決め、3-0と快勝して2大会ぶりの決勝進出を果たした。

 かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップを6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏がイラン戦に先発した11人を10点満点で採点。熱戦を制したチームで攻守の柱に「9点」の高評価を与えるなか、「依然として日本最大の弱点」と苦言を呈された選手とは……。

 ◇   ◇   ◇

■イラン戦の日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
権田修一(サガン鳥栖) 6点
依然として日本最大の弱点であることを露呈した。前半にイランFWサルダル・アズムンのシュートをセーブする仕事を果たしたが、その直後にイランにボールを明け渡し、相手に決定機を作られてしまった。

【DF】
酒井宏樹(マルセイユ) 7点
右サイドで対峙した際にはイランMFバヒド・アミリを沈黙させた。後手に回ることはほとんどなかった。

吉田麻也(サウサンプトン) 8点
イランの攻撃陣を封じるために、冨安を支える経験と狡猾さを90分間示した。今大会で自己最高のパフォーマンスと言っていい。

冨安健洋(シント=トロイデン) 9点
大迫か冨安か…。この試合の日本のベストプレーヤーを選ぶのは頭痛の種だ。サルダル・アズムンをスピードとパワーで封じたのは素晴らしく、感銘的だった。

長友佑都(ガラタサライ) 7点
日本にとって最初の決定機を作り出したのはこの男。これまでの試合よりも攻撃参加の姿勢を示した。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング