レアルが933億円で3年ぶり収益ランキング1位! 2年連続首位マンUは3位に後退

レアル・マドリードは、2017-18シーズンの収益ランキングで1位に輝いた【写真:Getty Images】
レアル・マドリードは、2017-18シーズンの収益ランキングで1位に輝いた【写真:Getty Images】

レアルとバルセロナがマンUを抜くも、プレミア6クラブがトップ10入り

 世界的な監査法人である「デロイト」社が、2017-18シーズンの収益ランキングを発表した。2016-17シーズンに、6億7630万ユーロ(約841億円)を売り上げて1位だったマンチェスター・ユナイテッドを抜いて、スペインの“白い巨人”レアル・マドリードが7億5090万ユーロ(約933億7900万円)で1位に輝いた。

 15-16、16-17シーズンと2年連続で最高収入額を記録していたユナイテッドの牙城が崩れた。ここ2シーズンはスペインの2強を抑えてトップに立っていたユナイテッドだったが、17-18シーズンはレアルが3年ぶりにトップに返り咲いている。さらに16-17シーズンは3位だったバルセロナも、6億9040万ユーロ(約858億5500万円)で、ユナイテッドを抜いて2位に浮上した。一気に3位に落ちたユナイテッドは、6億6600万ユーロ(約820億700万円)と昨年から売り上げが落ちている。

 上位10クラブではイングランドのアーセナルが4億3920万ユーロ(約546億1700万円)となり、6位から9位にランクダウン。一方、プレミア勢ではリバプールが9位から7位に、トットナムが11位から10位に、それぞれランクアップしている。またマンチェスター・シティは5位をキープ、チェルシーも8位をキープしており、上位10クラブのうち過半数を超える6クラブがイングランドのクラブとなっている。

 スペインとイングランド以外のチームでは4位にバイエルン・ミュンヘン、6位にパリ・サンジェルマンが入り、イタリアで売り上げトップのユベントスは、11位フィニッシュとなった。

 移籍金を含めて世界全体で大きなお金が動く欧州フットボール界。2018-19シーズンの開幕前にはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントス入りをしており、来年はどのような数字が発表されるか注目だ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング