日本代表、どう戦う? ベトナムとのアジア杯8強は“走力戦”…選手たちが語る攻略法

日本代表DF長友【写真:Getty Images】
日本代表DF長友【写真:Getty Images】

長友が「永遠に走れる」ベトナムを警戒 「綺麗なサッカーをしたらカウンターを食らう」

 日本代表は24日にアジアカップ準々決勝ベトナム戦(現地時間17時/日本時間22時)に臨む。DF長友佑都(ガラタサライ)は「彼らは永遠に走れる」と分析し、“走力戦”を想定している。そのなかで森保一監督率いる日本はどう戦うのか。選手たちのコメントから攻略法を紐解く。

「ベトナムとヨルダンの試合を見た。ヨルダンの選手は体が大きくて、フィジカルも強いけど、彼らは走りで圧倒していた。これは明日苦戦するだろうなと。相当厳しい試合になると思います」

 ベトナムは16強でヨルダンと対戦し、1-1のままPK戦までもつれ込み、最終的に4-2で勝利した。その一戦を分析したという長友は「彼らは永遠に走れる。二度追い、三度追いをなんの苦痛もなくやってくる。苦しい顔も全くせず。むちゃくちゃ厄介ですよ」と警戒を強めた。

 そんな相手をどう攻略するのか。今大会で参考になる試合があると長友は指摘。それはグループリーグ初戦トルクメニスタン戦(3-2)だ。この試合では相手が5-4-1の形で日本の攻撃を迎え撃ち、カウンター狙いを徹底。前半の日本はその罠にまんまとハマる形となり、先制点を奪われている。

「トルクメニスタン戦のように、ベトナムは5-4-1みたいな形で守るので、スペースが全然ないと思う。日本が綺麗なサッカーをしようとしたら、たぶん上手く潰されてショートカウンターを食らうだろうなという形」

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング